ばにきゃん

香蘭@佐伯 レポーター:三味線野郎

b0179004_09144.jpg


こんにちわ、三味線野郎です。
ではでは香蘭編のレポでございます。

辺鄙な立地、質素な外観、薄暗い店内、
どれをとっても流行る要素が
見当たらない「香蘭」だが、
この地で長年営業できてるのには
なにか訳があるはず・・
それを知るには食べるべし。
店内のTVからはNHKのど自慢が流れる。
カウンター10席ほどに
テーブル1席とこじんまりとした感じ。
お昼時のせいか店内は満席状態。
しかも来る客の多くが
大盛りを注文するのが気になる。
その答えが運ばれてきた
ラーメンを見てわかった。

b0179004_094578.jpg


麺、スープの量が先の2軒と比べると
少ない印象。
スープはとんこつベースなのはわかるが、
多少塩辛い味のスープ。
ほとんどにんにくの風味は感じられない。
たとえて言うと、替え玉した後に
ラーメンスープを入れすぎた感じ。
麺も佐伯スタンダードの中太麺に
もやしとチャーシューと・・・いたって普通。
これといって特筆するものが無いが、
昔ながらのラーメン屋の味といったところか。
結局、無言のまま完食。
それにしても、じーのさん。
食べるの速すぎ!!

と、ここまでが三味線野郎のレポである。
寡黙な男が出した結論は、
”塩辛く量が少なかった”ということらしく、
やはり比較をさせるという高等技術(?)を
求めるのは無理があったようだ(笑
しかも替玉の後に入れるのは元ダレであって、
決してスープではないことを付け加えておく。
しかしながら、ブロガーでもなく、
文章と携わる仕事をしているわけでもない
この三味線野郎が、このラツアーを境に、
何かに目覚めたのは間違いなさそうだ。

「ちょっとキツイ・・・」

という言葉をつぶやきながら彼は
車へと乗り込んだ。
そして我々は、第二の目的地、
大分市内へと足を向けた。

佐伯市鶴岡町3丁目11-57 不定休 中休みあり
ラーメン 500円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★★☆☆☆

by taronobu-hime | 2007-02-21 00:08 | 大分県
<< 自己流ラーメン さんこう@大分 楽天@佐伯 >>