ばにきゃん

天外天@熊本

b0179004_047857.jpg


いよいよ熊本遠征も大詰め。
この「天外天」の前に、
私を除く3人は、
「文龍健軍店」へ。
しかし、この未訪麺がかなりの
失敗だったことがのちに判明。

詳しくは「拉麺本位」で確認していただきたい。

そして最後の訪麺となる「天外天」。
場所柄、夜専ということで、
夕方7時のシャッターでの訪麺だ。
とここで、
洗足池氏と福岡入りした
東京の有名なラヲタ3人、
おださん、たけひこさん、まあぼーさんと
偶然に遭遇。
驚くことに、このお三方、
3日間でおよそ30軒も訪麺しているという。
この貪欲な姿勢に感銘を受けた。

ここ「天外天」は、既食のオゴポコ氏と、
体調がイマイチというたけひこ氏を除く
計5人でなだれ込んだ。
b0179004_0474526.jpg


おださん曰く、
「店内の匂いが二郎っぽい」
だそうで、かなりジャンクさが
予想される。

醤油強めのスープや
麺、チャーシューなどをトッピングした後、
最後に、これでもかと
振りかけられる粉、粉、粉・・・。

実はコレ、ニンニクパウダー。
当然、最初の一口目も
かなりのニンニク臭が支配する。
しかし、決して荒いわけではなく
その後に訪れる、
甘みとうまい具合に融合する。
例えるなら

”上質なジャンキー麺”

腹具合も満たされていいたのだが、
ワサワサと食べることができる。
好き嫌い分かれるであろうが、
個人的にはかなり好み。
b0179004_048811.jpg


連食でも、旨い麺にあたれば
難なく完食できるから不思議だ。
同行したまあぼーさんも、
気に入ったらしく、

「連食じゃなければチャーシュー麺と
めしでガッツリいきたいね」

と、こちらもワシワシと完食。
確かにチャーシューもニンニクに
負けないよう味付けが濃く、
ご飯に合いそうだ。
最後の1杯としては、
味わい的にも、満足度的にも
非常に高かった。

ここで分かれた関東組3人は、
さらに数軒まわるとのこと。
さすがだ・・・。

さて熊本総評。
選ぶ店さえ間違わなければ
十二分に堪能でき、
ニンニクだけが突出しているわけではない。
まだまだ宿題がたくさん残っていることだし、
もう一回は訪麺してみる価値が
ありそうだ。

今回、同行していただいた
洗足池氏に、心よりお礼を申し上げます。


熊本市安政町2-15
ラーメン 600円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2007年度
ラーメン 199杯
ちゃんぽん 4杯
うどん 20杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2007-11-20 00:45 | 熊本県
<< 四方平@小倉 大将軍@熊本 >>