ばにきゃん

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

郷家 天神店@渡辺通

んでもって師匠店へ。

b0179004_1717476.jpg


盛り付けや彩りはさすが。

しかしスープが麺にのらない・・・。

つけ麺のスキルとしては

弟子に軍配。

「郷家 天神店」
【場 所】福岡市中央区渡辺通5-25-11
【時 間】11時~23時 
     ※日祝は22まで
【休 み】なし
【価 格】700円
【評 価】6.5

by taronobu-hime | 2013-03-29 19:16 | 福岡市中央区 | Trackback

まるげん@平尾

魚介系のパイオニアと言えば

郷家と答える方も多いと思います。

しかし私はココを筆頭にあげます。

まぁ、郷家出身ではありますが、

個人的には郷家よりもコチラに近い

印象で、さらに洗練されてるから。

b0179004_16535264.jpg


そのセンスある店主が作る”特製つけ麺”。

既存のつけそばではなく、

濃厚でガツンとしつつも、

食べやすいこの一杯、秀逸としか

言いようがありません。


「まるげん」
【場 所】福岡市中央区平尾2-2-18
【時 間】11時半~23時半 
      ※日祝は22まで
【休 み】月曜日
【価 格】800円
【評 価】9.5

by taronobu-hime | 2013-03-28 19:50 | 福岡市中央区 | Trackback

元次@薬院

あまりに通い過ぎて・・・(笑

それではダイジェストで。

まずは肉だく若醤ラーメン。

b0179004_19571895.jpg


絶妙な盛り付け。

続いては今は無き塩ベジタンメン。

b0179004_1958407.jpg
b0179004_19585148.jpg


これ復活しないかな・・・。

そして去年夏の限定、海麺。

b0179004_200029.jpg
b0179004_2002115.jpg


ホワイトソースみたいで斬新でした。

もういっちょ塩ベジ。

b0179004_2011989.jpg


ノーマルな若醤。

b0179004_2015729.jpg


つけ麺。濃厚濃厚!!

b0179004_2023564.jpg


またまた若醤。

b0179004_2032074.jpg


塩。

b0179004_20123238.jpg
b0179004_20124497.jpg


またつけ。

b0179004_20132733.jpg


大醤。太麺ウマスー

b0179004_2014716.jpg

b0179004_20143560.jpg


若醤ざんまい(爆
b0179004_2015635.jpg


これでもか!
b0179004_20154718.jpg

b0179004_20161396.jpg


b0179004_2017050.jpg

b0179004_20171625.jpg

b0179004_20173655.jpg


最後は新年限定、鯛塩らーめん。

b0179004_20181344.jpg


どれもこれもウマスッ!

実は麺以上に飲み散らかしてます。

元さん、スマソン…

「麺場 元次」
【場 所】福岡市中央区薬院4-2-12
【時 間】11時半~15時 19時~29時
【休 み】なし
【評 価】まんてん

by taronobu-hime | 2013-03-22 20:28 | 福岡市中央区 | Trackback

島系本店 舞鶴店@舞鶴

キャナルに島系がオープンしましたが、

二郎系ではなく・・・

周船寺の島系をブラッシュアップ。

試食会行きましたが・・・(笑

b0179004_19522718.jpg


こっちをもっとブラッシュアップすることを

なぜに考えないのか・・・?

「島系本店 舞鶴店」
【場 所】福岡市中央区舞鶴1-6-14
【時 間】11時半~16時 18時~23時
【休 み】なし
【価 格】650円
【評 価】8.0

by taronobu-hime | 2013-03-21 19:47 | 福岡市中央区 | Trackback

肉玉そば おとど@ラースタ

こちらも新ネタ。

本日3月15日オープンの

「肉玉そば おとど」です。

b0179004_21351266.jpg


「気むずかし家」や「烈士洵名」を

手掛ける信州”ボンドオブハーツ”

代表、塚田さんのネクストブランドです。

b0179004_21363224.jpg


トロッと濃厚な動物系スープは

牛豚鶏を使った贅沢系。

甘みがしっかりしてます。

そこに甘辛い豚バラがてんこ盛り!

若干化調強めなのもご愛嬌!

b0179004_21383614.jpg


麺は多加水の中太麺。

ムチュルンと面白い食感です。

ちなみにライス1杯無料なので、

肉と卵をオンザライスで〆。

さすが日本一ご飯がすすむラーメンです。

逆にご飯がないとシンドイほど味は濃い。

しかしこうしたインパクトがあってこそ

印象に残る1杯となるわけです。

さすが塚田さんの作る一杯は

いつも遊び心満載!

ウマスーッ!

「肉玉そば おとど」
【場 所】福岡市博多区住吉1‐1
【時 間】11時~23時
【休 み】なし
【価 格】肉玉そば 700円
【評 価】9.5

by taronobu-hime | 2013-03-15 21:42 | 福岡市博多区 | Trackback

つけ麺 海鳴@平尾

まだまだ過去ネタたっぷりですが

新店オープンが続いてるので

新ネタからうぷ。

まずは海鳴の3号店。

b0179004_17202871.jpg


今回はつけ麺を主体とした構成です。

b0179004_1723154.jpg


まずは”黄金の鶏白湯つけ麺”

b0179004_17241192.jpg
b0179004_17242524.jpg


麺にはマスタードを加えた

ドレッシングを絡めて提供されます。

そのままでも旨いです。

b0179004_17243679.jpg


スープは純粋に鶏のみ。

やや鶏油を多めに垂らして

アクセントとしています。

鶏特有の臭みを上手く抑えています。

麺ただ強いのでスープがやや負けている

印象を受けますが、十二分に旨いです。

キャベツはスープに入れて頂きます。

シャクシャクでいい感じですが、

もう少し短めの方が食べやすいかな。

続いて”渾身の鶏魚介ラーメン”

b0179004_17284735.jpg
b0179004_1729078.jpg


店主の茂雄氏曰く、

「3種類の中で1番気に入ってます」

鶏のまろやかさ、魚介の風味、

麺の細さと食感、確かにバランスいいです。

チャーシューもデカイし、

麺の量も多めで1杯の満足度は高いです。

とにもかくにも新しいことに挑戦する姿勢

素晴らしいと思います。

「つけ麺 海鳴」
【場 所】福岡市中央区平尾2-4-9
【時 間】11時半~1時
【休 み】水曜日
【価 格】鶏白湯つけ麺 850円
     鶏魚介ラーメン700円
【評 価】鶏白湯つけ麺  8.0
     鶏魚介ラーメン 9.0

by taronobu-hime | 2013-03-14 19:18 | 福岡市中央区 | Trackback