ばにきゃん

<   2009年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

島系本店 舞鶴店@舞鶴

2月訪麺分

なかなか2月から抜け出せません(汗
というわけでこの2月にオープンした
「島系本店 舞鶴店」へ。
本店と言いながら支店となるわけです。

b0179004_2351237.jpg


b0179004_2353535.jpg


志免では有無を聞かれるニンニク
ここではテーブルに常設、
お好みで好きなだけ入れられます。

b0179004_235445.jpg


”ラーメン普通 極太麺(650円)”

b0179004_2355379.jpg


かなりシャ○シャ○。
これでは近くのあの店と
なんら変わりありません。
まぁオープンして間もない頃なんで・・・


なんて甘いことは言いません!


まぁ、早く開店して
早く収入に繋げたいなどの
理由があるのでしょうが、
やはりオープンに合わせて
キチンと味を仕上げてくるべきなのでは?

b0179004_236436.jpg


しかしここのニンニク、
めちゃめちゃ辛いわ・・・。

2009年 
ラーメン 53杯
つけ麺 8杯

【場 所】福岡市中央区舞鶴1-6-14
【時 間】11時半~15時 18時~23時
【休 み】不定休
【価 格】ラーメン普通 650円
【評 価】5.5

by taronobu-hime | 2009-02-28 23:03 | 福岡市中央区

でびっと@博多駅前

2月訪麺分

b0179004_2348057.jpg


そいやぁ~っ!
と聞こえてきそうな
鬼気迫るでびさん。笑

限定狙いで訪麺です(2月現在)

b0179004_23481112.jpg


黒大豆味噌ら~めん。

b0179004_23482667.jpg


もっとコクあるものを
想像していましたが、
意外にサパーリです。
時折感じる豆板醤が
アクセントとなっています。

b0179004_23483755.jpg


麺はやや太め。
おそらく以前の限定だった
カレーら~めんと同様のもの。
もっちりしていますが、
加水も低めなので、
スープの吸収が早いです。

ほぼ予想通りの味わいで
少々ガッカリ・・・。

b0179004_23485065.jpg


さらに未食だった魚ら~めんも。

b0179004_2349128.jpg


こちらもサパーリ。

やはりここは鶏かな。

2009年 
ラーメン 52杯
つけ麺 8杯

【場 所】福岡市博多区博多駅前4-5-5
【時 間】11時半~23時
金曜日は0時まで
日祝は21時まで
【休 み】なし
【価 格】黒大豆味噌ら~めん 800円
【価 格】魚ら~めん 650円
【評 価】味噌7.0点 魚7.0点

by taronobu-hime | 2009-02-27 23:47 | 福岡市博多区

匠@篠栗

2月訪麺分

八木山バイパス入口近くで
営業する「匠」。
どうやら飯塚の新店と
関係があるとかないとかで訪麺です。

b0179004_23324445.jpg


b0179004_23325778.jpg


しょうゆと、とんこつと味噌、
3本柱のラインナップです。

b0179004_2333815.jpg


で、しょうゆ。
この丼を見て、どこの店の関係店か
お分かりかと思います。

というか甘い!
めちゃ甘い!
そして片隅から鶏が現れます。
まるで地鶏すき焼きの様相です。

b0179004_23331931.jpg


麺はポキポキのカタ麺。

というかとにかく甘いという
印象しか正直残っていません。

おそらく、タレが甘いので、
とんこつも味噌も甘いのでは?
甘さを旨味と勘違いする人も多いので
あながち間違いではないかも?

2009年 
ラーメン 50杯
つけ麺 8杯

【場 所】糟屋郡篠栗町篠栗3014
【時 間】11時~21時
※祝日の月曜は17時まで
【休 み】月曜日
【価 格】しょうゆらーめん 500円
【評 価】6.0点

by taronobu-hime | 2009-02-26 23:32 | 糟屋郡

新風@高宮

2月訪麺分

いつもの新風。

b0179004_23275227.jpg


間もなく博多駅もオープンします。
どう変化するのか楽しみです。

b0179004_2328631.jpg



2009年 
ラーメン 49杯
つけ麺 8杯

【場 所】福岡市南区高宮1-14-13
【時 間】11時~23時
※土日祝前日は深夜1時まで
【休 み】火曜
【価 格】新風麺 600円
【評 価】8.5点

by taronobu-hime | 2009-02-25 23:26 | 福岡市南区

麺屋武蔵鷹虎@高田馬場

2月訪麺分

とうとうこの時がやってきました。
ついに武蔵コンプリートです!
長い長い道のり・・・
ようやくここまでたどり着きました。
最初に新宿を訪れたのが
2008年5月・・・

って1年かかってないです(笑


ということで
最後の武蔵は「鷹虎」です。

b0179004_22552737.jpg


元々は豚スープと鶏スープを
好みでブレンド変更できる
ラーメンメインの店だったのですが、
コンセプト変更で”つけ麺”メインに
なりました。

で、当然”つけ麺”を注文です。

b0179004_22584783.jpg


b0179004_22591222.jpg


麺、超ウマイです!
モッチリ感、コリコリ感、
小麦の香り・・・
カネジンの麺の旨さを
最大限に引き出しているよう
感じます。

b0179004_230431.jpg


その麺に絡めるのは
トロンと濃度の高い
動物魚介スープ。
豚っぽさも強いですが、
魚介も強いです。
しかし、双方がぶつかることなく
見事に調和しています。


個人的には、
ここ「鷹虎」が最も好み。
次いで「武骨」、
そして「武骨外伝」の順です。

あぁぁ、これでミッションコンプリート!







と思いきや!







またも宿題発生・・・。







なかなか終わらせては
くれないわけです・・・。



2009年 
ラーメン 48杯
つけ麺 8杯

【場 所】東京都新宿区高田馬場2-19-7
【時 間】平日11時~21時半
【休 み】なし
【価 格】つけ麺 750円
【評 価】9.5点

by taronobu-hime | 2009-02-24 22:52 | 東京都

めん徳 二代目つじ田@麹町

2月訪麺分

最後の武蔵を迎え撃つにあたって
途中、どうしても訪麺しておきたい
店が急浮上。
そう、「めん徳 二代目つじ田」です。
最近はメディアにもようさん出ております。
動物魚介に始まり、
蕎麦や味噌など、かなり積極的な
動きをみせております。

b0179004_23564417.jpg



で、途中下車したのは”麹町”。
ここで二代目の仕上がりを
確認するとします。

b0179004_033460.jpg


国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら、
魚介、野菜、他合計十数種類の食材を
使用したスープ。
そして麺は三河屋製麺。
かなり鉄板です。

b0179004_054691.jpg


注文は”らーめん”。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

めちゃウマッ!!

なんじゃこりゃ!

トロミはあるものの、
適濃で旨味十分。
豚も鶏も野菜も魚介も
仲良く遊んでいます。

b0179004_085933.jpg


優しいながらも
十分にインパクトを
兼ね備えた秀逸麺です。

b0179004_093933.jpg


名物”黒七味”。
これまた唐辛子や山椒の
スパイシーさがこのスープに
合うこと合うこと!

武蔵コンプリート直前に
これまたすんごい1杯に
出会えたことを喜びたいと
思います。

というか、二代目つじ田は
現在3店舗あるのですが、
一体どこが本店なのでしょう?
ご存知の方はご一報ください。

2009年 
ラーメン 48杯
つけ麺 7杯

【場 所】東京都千代田区平河町1-4-11
【時 間】平日11時~22時
(土日祝は21時まで)
【休 み】不定休
【価 格】らーめん 670円
【評 価】9.5点

by taronobu-hime | 2009-02-23 23:55 | 東京都

麺屋武蔵虎洞@吉祥寺

2月訪麺分

いよいよ武蔵コンプリートまで
あと2軒となりました。

続いてやってきたのは吉祥寺。
東京でもかなりの西部に
位置します。
こちらにもオゴポコ氏は
同行してくれました。
ありがたいことです。

と思いきや、
「私はもう一つの「武蔵」に
行って来ます」

と、吉祥寺の町に消えていきました。
ここでオゴポコ氏が
どこの店に向かったか分かる方は
かなりのラーメンフリークです。

この種明かしは後ほどとして、
私は「虎洞」へ。

b0179004_0295716.jpg


昔は牛を使ったラーメンを
提供していたのですが、
現在は異なるとのこと。

b0179004_034993.jpg


ということで、
”ら~麺”を注文です。

b0179004_0353634.jpg


福岡ならば非常に貴重な
ラーメンとなるのでしょうが、
なんせココは麺激戦都市「東京」。
この手の動物魚介系は
足の踏み場もないほど
あふれています。
本当にココは武蔵なのか?
と思わせるほど特徴が捕らえにくい
味わいです。

b0179004_046552.jpg


とは言うものの、
油分、塩分、出汁などの
バランスはさすが。
ただ、各店舗で特徴がある
武蔵系の中では平凡な印象を
受けました。




さて、冒頭で書いた
オゴポコ氏が訪麺した店というのは・・・











b0179004_0395424.jpg


そう、家系の名店「武蔵家」でした。

というか今考えると、
私も訪麺しとくべきでした(爆


さぁ、ついに武蔵コンプリートまで
あと1軒!
つけ麺メインの「鷹虎」を
残すのみ。
気合入れていきまっせ!!


2009年 
ラーメン 47杯
つけ麺 7杯

【場 所】東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-7
【時 間】11時半~23時
【休 み】無休
【価 格】ら~麺 750円
【評 価】7.0点

by taronobu-hime | 2009-02-22 00:24 | 東京都

麺屋武蔵二天@池袋

2月訪麺分

では再び武蔵巡りの再開です。
場所は激戦区の池袋。

そう、「二天」です。

b0179004_074333.jpg


で、当然コチラはというと・・・

b0179004_082711.jpg


名物”豚天ら~麺”となるわけです。
武蔵らしい海老油の香ばしさが
ふわんと鼻を抜けるのですが、
最大に違うのがシャープさ。
かなりエッジの効いたスープです。

b0179004_0103079.jpg


少々、キツイなぁと思うも、
サクサク衣の豚天を食べると
豚脂の甘さ効果もあり
ちょうどよいバランスに。
これは秀逸です。

カネジンの麺も
プリプリ楽しい食感です。
スープと麺とトッピング、
まさに三位一体です。

b0179004_0132492.jpg


コチラはオゴポコ氏注文の”豚天つけ麺”。
さらにエッジが効いています。
個人的には”ら~麺”かと。

さて、武蔵巡りも残り2軒です。
続いては吉祥寺まで移動します。


2009年 
ラーメン 46杯
つけ麺 7杯

【場 所】東京都豊島区南池袋3-14-12
【時 間】11時~21時半
【休 み】無休
【価 格】豚天ら~麺 810円
【評 価】8.0点

by taronobu-hime | 2009-02-21 00:05 | 東京都

大黒屋@赤羽

2月訪麺分

武蔵巡りは一旦休憩。
そこでやってきたのは
コチラも宿題だった新店「大ふく屋」。

b0179004_2346165.jpg


せたが屋系列の新店で、
これまで提供してきたラーメンの
集大成的な動物系、魚介系、
さらにソース系が合わさった
重厚煮干中華そばがウリの店です。
そして当たり前のように
見慣れた行列風景に加わります(笑

そういえば、
せたが屋系も、ココ
ココと、ココココは訪麺済み。
そしてここ「大ふく屋」が
加われば、残すは、
「味噌らーめん南部」と
「豚骨世界 大大」。
これらを訪麺できれば
とりあえず海外を除いて
都内はコンプリートと言えるかも
しれません。
これは次回のマスト宿題となりそうです。

b0179004_23474847.jpg


ちなみにソース系とは
野菜を煮込んだポタージュ的な
トロミのあるスープのことです。
以前、品達店が「せたが屋 雲」だったころの
メニューです。

b0179004_23484329.jpg


メニューは大きく3本立て。
”中華そば”、”重厚中華そば”、”重厚つけ麺”。

注文は当然”重厚中華そば”です。

b0179004_23505169.jpg


あれ?

重厚はどこですか?

かなりトロミが強いのですが、
意外にクドさはなし。
やはり野菜がアッサリと
させるのでしょう。
というか若干、動物や魚介を
打ち消しているように感じます。

b0179004_23521178.jpg


正直、旨いのですが、
名前が”重厚”なので
もう少し濃厚で
ガッツンくるようなものを
想像していました。
非常に残念です。

さて、武蔵巡りに戻るとしましょう。


2009年 
ラーメン 45杯
つけ麺 7杯

【場 所】東京都北区赤羽1-18-4
【時 間】11時半~15時 17時半~22時
【休 み】月曜日
【価 格】重厚中華そば 730円
【評 価】 7.5点

by taronobu-hime | 2009-02-20 23:33 | 東京都

麺屋武蔵示申山@神田

さぁ、今回の東京遠征
最大の目的店、
「麺屋武蔵示申山(かんざん)」です。
”神”ではなく”示申”と書きます。

まさにオープン当日の2月11日に
オゴポコ氏と訪麺です。

青山の閉店日にも訪麺できたので
何だか運命を感じます。

とは言うものの、
よほど舞い上がっていたのでしょう、
外観写真を撮り忘れていました(爆


気を取り直して・・・。


ここ示申山は、
青山の移転という位置づけなので
コンセプトは「塩」です。
さらに店内に”サラマンダー”という
調理器具(肉焼き機)を導入、
それを使用したチャーシューが
名物ということになります。

で、私が”ら~麺”を。
オゴポコ氏は”つけ麺”を注文です。

b0179004_22562539.jpg


おぉっ!
これまた見事な「肉」です。
かなりぶっといです。

さて、スープはというと、
青山と比べ、繊細ではなく
随分とパンチが効いたものに
仕上がっています。
というのも背脂がかなり投入
されています。
かと言ってくどいわけでもなく
十二分に旨いです。

b0179004_22563925.jpg


麺は武蔵お得意の「カネジン」。
モチッとプリッと素敵な歯ごたえです。

そしてお待ちかねの肉ですが、
単純に旨い!!
やや甘めの味付けですが、
表面がカリッと焼かれ、
香ばしさがあり、中はトロンとしています。

b0179004_2257474.jpg


続いては、オゴポコ氏の注文した
”つけ麺”です。


あれ?


肉は?


ないですか!?


そうですか・・・。


まさかウリであるチャーシューが
入っていないとは・・・。
これにはオゴポコ氏も
動揺しているようで、
店主・矢都木氏に
「肉は入っていないんですか?」
と質問。すると・・・、
具材が豪華版の”示申山つけ麺”にしか
入っていないとのこと。

これはかなりイタイ!
まさか入っていないと分かっていれば
示申山つけ麺を注文していたはず。
せめて説明書きがあればと
悔やむオゴポコ氏でありました。

さぁ、武蔵系は残り3軒、
張り切っていきましょう!

2009年 
ラーメン 44杯
つけ麺 7杯

【場 所】東京都千代田区内神田3-8-7
【時 間】11時~22時
【休 み】無休
【価 格】ら~麺 750円
【評 価】 8.0点

by taronobu-hime | 2009-02-19 22:55 | 東京都