ばにきゃん

<   2008年 10月 ( 49 )   > この月の画像一覧

ちゃぶ屋@護国寺

b0179004_2324852.jpg


※8月訪麺

さすがに醤油系を3軒続けて食べると
疲れと飽きがやってきました。
しかし、ここで止める訳にも行きません。

そこに美味いラーメンがあるからです!

訪麺しても訪麺しても
宿題が減らないのが東京。
まだまだ宿題の5分の1すら
到達していません。
しかも東京のラーメンは量も多く、
平均で、福岡の1.5~2倍近くあります。
つけ麺なら3倍近くなることも・・・。
まさに我との戦いです。
ちょいと休むかな・・・
などと弱気な気持ちが現れ始めたその時、
頭の中である言葉が浮かびました。

CHABUYA JAPAN!

そうでした!かの有名な「ちゃぶ屋」が
未訪麺でした。
慌てて電車に飛び乗り、
護国寺の地に足を踏み入れました。

ここ「ちゃぶ屋」の営業は3部構成で、
昼は創業当時の味を。
夕方はリフレッシュ後の味。
そして夜は、森住店主自らが腕を振るい
夜鳴きそばを提供しています。
本当は全てを堪能したいのですが、
時間の関係上、夕方の部となりました。
まぁ、これが現在のスタンダードなので
よしとします。

是非ともシャッターで!
ということで、慌てて到着したことと、
暑さのせいで喉がカラカラ。

ということで・・・













b0179004_23244637.jpg


CHABUYA JAPANオリジナルの
ビール「ホワイトエール」を思わず注文。
さすがにワインバーを思わせる店内、
こうした酒メニューもオシャレです。
しかしこのビール、バリウマです!
ライトな喉越しですが、
ハーブやオレンジピールの香りがあり
ゴクゴクと飲めちゃいます。

あっと言う間に飲み終え、
らぁ麺を注文します。



b0179004_2325693.jpg


あれ?
何か違和感を感じます。
写真を撮りながら考えていると
店員が、
「すみません、入れ忘れました・・・。」
と揚げ葱ならぬ”揚げエシャロット”を
別皿で持って来ました。
そうそう、ちゃぶ屋と言えば
この揚げエシャロット。
これがないのが違和感でした。
これを葱の上にトッピングし、
ズルズルとスープを啜ります。

なんでしょう、これは・・・。

なんだか複雑すぎて表現ができません。
ベースは動物系と魚介系なんですが、
それらの調理法の違いでしょうか、
さらには揚げエシャロットのせいでしょうか、
それとも醤油のせいでしょうか、
とにかく複雑な味わいです。
動物系の旨味と、魚介系の香りと、
醤油のキレと、エシャロットの甘味、
和でありながら洋でもある。
そんな印象です。

b0179004_23252783.jpg


柳麺と呼ばれる自家製麺。
細麺ながら、モチッとした食感は
福岡麺民としては初体験。
個人的にはあまり好みではありませんが、
確かにこのスープなら、
この麺が合うと思います。

一昔前までは、
醤油ラーメンと言えば
単調なイメージがありましたが、
現在の醤油は随分と進化していて
複雑化が進んでいます。
これらを考えると、
東京のラーメンの進化は驚くほどに早く、
レベルも飛びぬけています。
こうしたラーメンが福岡で食べられる日が
来るのでしょうか?

無理でしょうねぇ・・・。

さて、帰りしなもう一軒行くとしましょう。


東京都文京区音羽1-17-16
らぁ麺 850円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★★★

2008年
ラーメン 184杯
つけ麺 39杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 17杯
その他 6杯

by taronobu-hime | 2008-10-31 23:23 | 東京都 | Trackback

きび@品川

b0179004_23215184.jpg


※8月訪麺

帰りしな寄ったのは毎度の「品達」。
ここにも醤油系の名店があります。
それがここ「支那そば きび」です。
本当は本店に行くべきなのですが、
とりあえず味わっておこうと訪麺です。

これはまた違った味わいがあります。
動物系や魚介系のほかに
乾物の野菜(主に椎茸)が効いています。
さらに醤油もやや甘めで、
福岡麺民が意外に好みそうな味わいです。

b0179004_2322313.jpg


プリプリの麺も
福岡麺民が好きなタイプ。
特出しているものはありませんが、
しっかりしたボディのラーメンです。
しかし、

「本店に行かなければ訪麺したことにはならない」

と、某部長も言っておりますので、
本店にも訪麺したいと思います。
っていつかな・・・。


東京都港区高輪3-26-20
支那そば 680円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★☆☆

2008年
ラーメン 185杯
つけ麺 39杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 17杯
その他 6杯

by taronobu-hime | 2008-10-31 23:15 | 東京都 | Trackback

九段斑鳩@九段下

b0179004_23352931.jpg


※8月訪麺

またも関東ネタを。
醤油系をメインに5軒訪麺。
近年は豚骨魚介が主となっている
関東ですが、歴史的に考えれば
醤油系の中華そばが元々の味。
今回は、歴史を知る遠征ではなく
進化した醤油系を頂いてみることにしました。

まずはここ「九段斑鳩」です。
店主坂井氏はTVチャンピオン等に出演するなど、
皆さんもご存知かと思いますが、
元々アパレルの仕事をしていた人物。
開店当初はココを
インスパイアしてるんじゃないか?
とかで不評だったこともあったとのことですが、
現在は立派に行列店の
仲間入りを果たしています。
地下鉄の九段下駅で下車、
テクテクと歩いて店舗に到着するや
10人ほどの行列。。。
さすが人気店です。
そして並ぶこと約20分で無事に入店です。

b0179004_23354691.jpg


店内では坂井店主が自ら
ラーメンを仕上げています。
ミーハーではありますが、
こうして店主が先導で
作業をしているのを見ると
妙に嬉しくなります。

こうして出てきたらー麺は、
前出の店と比べると、
やや白濁が強い印象です。
その味わいも、青葉とは若干異なり
やや動物系が強めで、
後からやさしく魚介系が現れます。
醤油ダレはややシャープで
これらの味をまとめます。
さすが最高級の本枯れ鰹や
宮内庁御用達など本物の食材を
ふんだんに使ったダブルスープです。

b0179004_2336725.jpg


全くのラーメン素人だった店主が
作ったとはとても思えない仕上がり。
すべてが丸い印象なので
物足りないという人もいるでしょうが、
ほんのりじんわり旨味が漂ってくる・・・
こうしたラーメンが食べられる東京って
本当に羨ましいなぁと思いました。

お次は、これまた大人気の行列店、
鶏使いの名人店に行きたいと思います。

東京都千代田区九段北1-9-12
らー麺 650円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★★★★★

2008年
ラーメン 181杯
つけ麺 39杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 17杯
その他 6杯

by taronobu-hime | 2008-10-30 23:34 | 東京都 | Trackback

大喜@湯島

b0179004_2332507.jpg


※8月訪麺

まただ・・・。
と見た瞬間思ってしまいました。
この行列です。。。
こちらは湯島天神近くの「大喜」。
その丁寧実直に作ったラーメンと、
それに見合った美味しさ、さらに
2001年にTV番組で
全国1位になった経緯もあり、
現在でもこうした行列が
途切れない人気店です。
こちらではメインとなる
しょうゆ味”らーめん”に加え、
しお味の”うめしおらーめん”、
さらに”冷やしとりそば”など
メニューは多種に渡ります。
しばらく悩みましたが、
次の並び客からの熱い視線を感じたため
しょうゆ味の”らーめん”のボタンを
クリックしました(爆

b0179004_2333795.jpg


盛り付け、色合い、味、
見事に計算された1杯です。

しかし、あまりにも期待が大きかったのか
イマイチ感動がありません。
シャープすぎる醤油、
その香りを邪魔しない程度の油。
動物系の旨味よりも
醤油を活かすことに集中した印象です。

b0179004_23333290.jpg


国産粉とオーストラリア産粉をブレンドし、
モンゴルかん水で毎日仕上げる自家製麺は
ぷりゅんとした歯ごたえです。
コシよりもヒキに重点をおいた感じです。

非常に美味いラーメンなのですが、
なぜだか感動が薄かったので、
もう一度訪麺して、
しおや冷やしも食べてみたいと思います。

東京都文京区湯島3-47-2
らーめん 680円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★★★★☆

2008年
ラーメン 182杯
つけ麺 39杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 17杯
その他 6杯

by taronobu-hime | 2008-10-30 23:31 | 東京都 | Trackback

麺屋武蔵江戸きん@浅草

b0179004_2328297.jpg


※8月訪麺

遠征3軒目は浅草へ。
普段は観光的なことはしないのですが、
あまりにも店の場所が雷門近くだったので
思わず撮影。
ということで訪麺したのは
麺屋武蔵8番目の店「江戸きん」です。

b0179004_2328323.jpg


雷門のほぼ隣と言っても過言ではない立地。
これは恵まれているとしか言いようがありません。
ここだけは醤油という概念を外して、
粉砕寸胴で作った豚骨と野菜の
濃厚スープである”豚骨菜合”が
目的だったのですが・・・

b0179004_23292675.jpg






ないじゃないですか!



b0179004_23294680.jpg


ということで仕方なく
醤油系の”ら~麺”に。

しっかし、すんごい豪華なトッピング。
しかも全て大ぶりです。
開店当初は縁日の金魚に見立てた
淡い赤色のワンタンが
トッピングされていたようですが、
現在はありません。
これでは「江戸きん」という屋号も
あまり意味を成さないような気がします。

さてお味ですが、
ライトな豚骨魚介の醤油仕立てという印象。

b0179004_233051.jpg


それらが複雑に絡み合って、
醤油ラーメンの正常進化を感じ取れます。
その纏まりは、さすが武蔵というところ。
香り、旨味、塩気、いいバランスです。
武蔵特有のもっちり太麺も
実に相性がよく、1杯トータルでの
食べ応えなど、非常によく考えられたラーメンです。

しかし、やはり当初の目的だった
”豚骨菜合”が食べたいという願望は
ここまで来ても拭いきれず、
結果、満足感が得られませんでした。

まぁ、醤油シリーズという意味では
コンプリートなんですけどね・・・。

東京都台東区浅草1-2-3
ら~麺 750円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★★★

2008年
ラーメン 183杯
つけ麺 39杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 17杯
その他 6杯

by taronobu-hime | 2008-10-30 23:27 | 東京都 | Trackback

新風@高宮

※8月訪麺

b0179004_0574345.jpg


いつもの新風麺マー油抜き。
ですが油多めで注文。

やっぱバランスが崩れます。

b0179004_0575720.jpg


この自家製麺を超える
麺を提供する店が
そろそろ出てきて欲しいものです。

福岡市南区高宮1-4-13
新風麺 600円
濃厚 ★★★★☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 180杯
つけ麺 39杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 17杯
その他 6杯

by taronobu-hime | 2008-10-29 10:49 | 福岡市南区 | Trackback

いっぷく@久山

※9月訪麺

b0179004_056538.jpg


7月に訪麺したココが
出身だったと聞いていたので、
確認のために訪麺です。

近くには「ラ賊」「○萬」「三洋軒」と
多くのラーメン屋が犇いています。

b0179004_0563438.jpg


メニューが明朝体で書かれていると
ウマイのでは?と感じるのは
私だけでしょうか(爆

b0179004_0565538.jpg


なるほど、
濃度は高めながら旨味が足りないところなど
確かに「輝」と雰囲気は似ています。
何とかタレで補おうというところも
感じますが、それでは想い届かず・・・な印象でした。


糟屋郡久山町大字久原3270-1
ラーメン 600円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★☆☆☆☆

2008年
ラーメン 216杯
つけ麺 51杯
ちゃんぽん 4杯
うどん 21杯
その他 8杯

by taronobu-hime | 2008-10-29 00:28 | 糟屋郡 | Trackback

西谷家@野方

b0179004_0543597.jpg


こんなおちゃめな豚さんが
あることを初めて知りました。笑


b0179004_0544927.jpg


この日は快心の一撃。

濃度、旨味、バランス、
申し分なしに暴れん坊です。

b0179004_055350.jpg


しかし麺はヤワ目。
この手のラーメンは
パキパキのほうが好みなので
カタで注文した方がよかったようです。

前原店は、本店との住み分けで
ちゃんぽんも提供し、好調のようです。

近々本店でも限定なんぞを
食べてみたいものです。

福岡市西区野方6-36-34
ラーメン 530円
メンマ 100円
濃厚 ★★★★★
繊細 ★★★☆☆

2008年
ラーメン 179杯
つけ麺 39杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 17杯
その他 6杯

by taronobu-hime | 2008-10-28 23:37 | 福岡市西区 | Trackback

ららら 本店@石丸

※8月訪麺

b0179004_053293.jpg


佐賀が本店だと思っていましたが
なんとここ西区石丸が本店みたいですね。
佐賀も本店なんでしょうか?
考えても仕方ないので
訪麺してみました。

b0179004_053162.jpg


なんだか見たことのあるような
メニューの書き方ですが・・・


しかし、この店、他にも
たくさん他店と似たところがあります。
まずはインテリア。
パッと見でも分かるかと思いますが、
一○堂チックです。


b0179004_0533782.jpg


丼も似ています。
しかしその味は、

タレの味、豚骨濃度、
なんと一○チックです。


b0179004_0535090.jpg


味の分野では
○○と○○のいいとこどり的な
言い方をすることがよくありますが、
店の規模でいいとこどりというのは
前代未聞かもしれません。

しかし、人気店となっているので
店側としては大成功なんでしょう。きっと。

福岡市西区石丸4-1-24
ラーメン 550円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★★★☆☆

2008年
ラーメン 177杯
つけ麺 39杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 17杯
その他 6杯

by taronobu-hime | 2008-10-27 23:37 | 福岡市西区 | Trackback

安全ラーメン@前原

b0179004_2336082.jpg


※8月訪麺

人気店「安全食堂」のご主人の
ご兄弟が営んでいると聞いていますが、
きちんと取材したわけではないので
確証はありませんので悪しからず。

b0179004_23361346.jpg


割と濃度の高そうなラーメンですが、
コレは正直言ってヤバイです。

というか、本当に兄弟なんでしょうか・・・?

全くもって別物です。
というか、これ、工場製品でしょうか?
というような雰囲気を感じます。

b0179004_23362788.jpg


油と脂、骨の割合で言うと
5:4:1みたく感じます。

ラーメン不毛の地、前原。
この地に新たな風を吹き込む
ラーメン店は今後、現れるのでしょうか?
気を恐ろしいほどに長くして
待ってみたいと思います。

福岡県前原市神在1354-68
ラーメン 500円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ☆☆☆☆☆

2008年
ラーメン 176杯
つけ麺 39杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 17杯
その他 6杯

by taronobu-hime | 2008-10-27 12:49 | 前原市 | Trackback