ばにきゃん

<   2008年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

むらた亭 本店@小倉

b0179004_0564962.jpg


北九州の宿題をちょいと。
まずは「むらた亭」。
地元の人気店で、チェーン展開も
しています。
北九州では珍しい「長浜系」。

b0179004_057259.jpg


昼前の訪麺にもかかわらず、
次から次に客が入ってきます。
北九州では何店舗かあるみたいですが、
どこもこんな感じなんでしょうか。

さて、ラーメンですが、
長浜系と言えば長浜系ですが、
舌触りの濃度が高いというのが
第一印象です。
しかし、味的には濃度を感じさせない
仕上がり。
好みか?と聞かれれば違いますが・・・。
おそらくセントラルキッチンによる
一貫生産だと思われ、
その印象が最後まで払拭されませんでした。
改めて
「一風堂」や「一幸舎」のレベルに
驚かされるわけです。

b0179004_0572023.jpg


非常にボソボソした食感の麺。
こればっかりはいただけません。


やはり長浜系は苦手なんだ・・・


ということがハッキリしました。


北九州市小倉南区蜷田若園1-9-21
ラーメン 550円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★☆☆☆☆

2008年
ラーメン 142杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 15杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-30 23:47 | 北九州市小倉南区

来来亭@小倉

b0179004_055273.jpg

関西で展開する「来来亭」。
その兄弟店となる山口県は宇部市にある
同名の「来来亭」。
その系列となるお店が、
九州に上陸しました。
とにかく九州を除く西日本では
かなりの業績を誇る店。
しかし、物事の順序には厳しいらしく(?)
福岡ではなく北九州から出店です(笑
北九州に勝機を見たのでしょう、きっと。

b0179004_0554692.jpg


けたたましいほどの大声で接客する
店内は、非常に活気に満ちています。
静かにラーメンを食べたいというかたには
オススメできませんが、
どんよりした空気よりはマシです。

さてラーメンですが、
ベースは醤油。
そこに大量の背脂がトッピングされた
所謂”背脂醤油ラーメン”。
ってそのままです。
これはしんどいのかな?
と思っていましたが、
醤油の強さと背脂の甘さが
意外にもバランスがよく、
それほどのクドさは感じません。
九条葱もそれに一役かっているようです。

b0179004_056478.jpg


麺は細麺ストレート。
硬めでパキっとした歯ごたえです。
さすがに醤油の辛さを
脂でドーピングしているので
後半は舌が痺れてきますが、
この味は九州でも受け入れられるかも
しれません。
ここで弾みをつけて
福岡に南下してくることを期待しましょう。

北九州市小倉南区徳吉西3-1-34
ラーメン 600円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★☆☆

2008年
ラーメン 143杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 15杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-30 23:46 | 北九州市小倉南区

元助@薬院

b0179004_0534742.jpg


ラーメン。
豚骨、魚介、
相変わらずの高バランスです。


b0179004_054134.jpg


個人的には
変わらずつけ麺の方が
好みではあります。

岡市中央区薬院2-2-2
ラーメン 650円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★★☆

2008年
ラーメン 138杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 13杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-29 11:18 | 福岡市中央区

明日香@美野島

※6月訪麺

b0179004_0521596.jpg


中華料理屋ですが、
坦々麺が人気の店。
そういえば、先日発売された
福岡のラーメン本にも掲載されて
いました。
店舗は歴史を感じますが、
店内は非常に小奇麗で
気持ちの良い印象です。

b0179004_0523259.jpg


実にシンプルな盛り付けです。
「しま屋」や「一心軒」のように
インパクト系ではなく
無難にまとまった優等生タイプ。
出汁、辛味、ゴマ、挽肉、
どれがなくてもバランスはとれない
でしょう。
とうか坦々麺のように感じないのは
私だけでしょうか?

b0179004_0524777.jpg


麺。

ヌチュっとした歯ごたえ、
かん水の強い香り、
これははっきりいって好みでは
ありません。

辛さはそれほどでも・・・
と思っていましたが、
後半ジワジワと
こみ上げてきます。
結果、しっかりさっぱり
汗が噴出いたしました。。。

福岡市博多区美野島2-6-34
坦々麺 600円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 139杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 13杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-29 11:16 | 福岡市博多区

白樺山荘@ラースタ

※7月訪麺

b0179004_0503672.jpg

卒業する前に・・・
未食の醤油と塩を食べて
おかないとと思い立ったのが7月(爆

まずは醤油。
純粋に旨いです。
甘めではありますが
福岡ではお目にかかれないタイプ。
複雑に素材が引き立てあっています。

b0179004_0505411.jpg


森住製麺だったかな?
ブリンブリンの麺は
しっかり食べ応えがあります。


b0179004_051970.jpg


塩。岩海苔入り。
岩海苔、いらんやったです。。。
香りが強すぎます。

しかし、醤油同様、
複雑な味わいは非常に好み。

これで、
味噌、塩、醤油と
全て制覇しましたが、
やはり札幌の真髄は味噌であることが
確認できました。
さぁ、路面店進出となるか?
すみれも苦戦していますし、
厳しいかな・・・。


福岡市博多区住吉1 ラーメンスタジアム内
醤油ラーメン 750円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★☆☆
塩ラーメン 750円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 141杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 13杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-29 11:15 | 福岡市博多区

住吉亭@博多駅南

※6月訪麺


b0179004_0484647.jpg

最近福岡の食べ歩きでは、
訪麺必須店が少なくなってきて
コレクターとして活動したい私にとって
非常に困った状況となってきました。

この日も散々考えていましたが、
そういえば「住吉亭」に
行ってなかったなと思い出してしまい、
渋々、もとい、意気揚々と訪麺しました。
というわけで今回も歴史の勉強です。

店内には
「支店はありません」的な張り紙が
あちこちにあり、最近減ってきた
某店の影響が出ているものと見られます。
歴史を知る上で必要な情報かもしれませんが、
そこはあえてスルーします。

b0179004_049241.jpg


でました!
葱です。





掘っても掘っても葱です。





もう葱葱です。






スープは見た目と裏腹に
タレ主体のもので、
そこに、例のごとく
見事なほどの
白濁&課長が攻めてきます。
先日の「池勝」同様、
歴史ある福岡の店ではよく見られるタイプ。
そう考えると、福岡のラーメンも
少しなりとも進化している
ということでしょうか?






というか葱です。







b0179004_0492579.jpg


激辛の辛子高菜などでカスタマイズし、
見事完食!






後味はまさに葱です。



福岡市博多区博多駅南5-5-1
ラーメン 600円(?)
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ☆☆☆☆☆

2008年
ラーメン 137杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 12杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-28 11:18 | 福岡市博多区

味の池勝@徳永

b0179004_0465891.jpg


ちゃんぽんの店として人気の高かった
「味の池勝」が、伊都イオンの近くに移転。
それに伴いその昔提供していたという
ラーメンが復活となりました。
まぁ、そのころのことは知りませんが、
とりあえず確認訪麺です。

立地はイオンの近く、というより
隣と表現した方がいいかも。
今後の発展性を考えれば
好立地かもしれません。
しかし、近年は
”旨くても立地が悪くては客入りが悪い・・・”
”立地はよくても味が悪くては客入りが悪い・・・”
こうした現象が見られますので
簡単には分析できません。

b0179004_0471558.jpg


注文時に
「麺の硬さは?」
と聞かれ、
「普通でお願いします」
と答え待つことしばし・・・


「お待たせしましたぁ。ラーメン硬麺です!」


とラーメン登場。
硬麺がオススメなら最初から言ってくれれば
いいのに(爆
さて、そのラーメン、
よく見かける表情です。
違和感さえ感じる見事に白濁したスープに
葱てんこ盛り。
味わい然り。



見事なラードと課長です。






b0179004_0473629.jpg


さらに麺は細く粉っぽいもの。
そのザクザク感は苛立ちさえ覚えます。

いくら立地がよくともこれでは・・・。
とさえ感じてしまいましたが、
移転前に食べたちゃんぽんは
割と好印象でした。
再訪はないと思いますが、
ひょっとしたら
この立地と両立が出来るのかもしれません。

しかし、ラーメンは
復活しない方がよかったのでは・・・?

と思っていましたが、
HPを見たら、何と黒とんこつも
はじめてました!
一応、流行は気にしているようで・・・。



福岡市西区徳永843-1
ラーメン 450円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★☆☆☆☆

2008年
ラーメン 136杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 12杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-27 23:39 | 福岡市西区

けごんらーめん@警固

※6月訪麺

そういえば”白ラーメン”を
食べていなかったなと思い立ち訪麺。

b0179004_046279.jpg


味噌のベースとなっているスープですが、
動物系と野菜などのスープは
まろやか優しい、というか弱い。
サラリとしたスープでも
旨いものは旨いのですが、
旨味が足りないというか
明確な味わいが薄いといった印象。

b0179004_0461553.jpg


麺は味噌同様のもの。
自家製麺ではないとのことですが、
ゴリブリの歯ごたえは
割と好印象です。
故に、さらにスープが弱く感じます。


福岡市中央区警固2-12-18 
白ラーメン 600円
濃厚 ★☆☆☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 135杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 12杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-26 11:19 | 福岡市中央区

中津宝来軒@中津

b0179004_23323341.jpg


※6月訪麺

行橋の「突撃」の後に訪麺。
というかアップを忘れていました(汗

大分県で宝来軒という名前は
比較的知られている名前だと
聞いています。
本店、支店、暖簾分け、別物・・・
ラーメン界において
この手の問題は様々あります。
まぁ、
「うちの店が一番に名乗った」
などのいった者勝ちみたいな
部分もよく見られます。

ここ宝来軒もよく見られる店名。
大分市内のも同名の店が存在します。
その区別を図るためか、
「大分宝来軒」と、そしてこちらは
「宝来軒本店」と名乗っています。
しかしその関係性は全くなしの模様。
ちなみに「大分宝来軒」は
関東は高田馬場にも
支店を広げているようですが・・・。

とにもかくにも今回は、
宝来軒の歴史をほんの少しだけ
垣間見ることにしました。

b0179004_23325097.jpg


これは歴史か、はたまた・・・?

ラーメン700円。
近年価格の高騰は承知の事実。
そうでなくとも、
旨いラーメンが食べられるのであれば
価格はあまり気にしない性分ですが、
これは少々驚きました。

トッピングが豊富でも
量が多いわけでもありません。
至って見た目は普通のラーメンです。

b0179004_23331037.jpg


麺は極細。
これも低加水で博多のそれと
あまり変わりなし。
しいて違いをあげるなら、
スープにほんのり感じる牛骨。
しかし、山口の牛骨ほどのインパクトはなく
かすかに甘みが鼻を抜ける程度です。
ただ、福岡ではあまりお味にかかれないもので
あるのには変わりありません。


あくまで好みかどうかは別ですが・・・


大分県中津市日の出町2
ラーメン 700円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 134杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 12杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-25 23:30 | 大分県

新風@高宮

※再訪連打

怒涛の新風一気アップ。

b0179004_0434724.jpg


5月訪麺”もやし入り”700円
もやしの時はマー油多めがいいバランス。
というかもやしの量スゴスギ!

b0179004_044216.jpg


6月訪麺

”つけ麺(並)”700円
元助と比べるとやや魚粉が粉っぽい。
それが特徴でもあり、好きな部分でも
あるんですがね。

b0179004_0442591.jpg


6月訪麺

”新風麺”マー油抜き(600円)
やはりマー油を入れないときは
スープの油を調節して
バランスをとっているようです。
個人的にはマー油抜きが好みかも。

b0179004_044441.jpg


6月訪麺(?)

”つけ麺(並)”オーション仕様(700円)
試験的に作ったオーションを使用した麺。
ゴリッ、ザクッとした食感は
個人的に非常に好み。
しかし、一般的受けはイマイチだったようで
現在は元の麺に戻っています。

b0179004_045018.jpg


7月訪麺

”つけ麺(大)”800円
最近はHAYASI君が担当しています。
麺の扱いも断然上手くなったような
気がします。

しかし、新風の麺は元助と同じ
300グラムでも妙にボリュームがあるように
感じますね。
モッチリした食感がそうさせるのでしょうか。

福岡市南区高宮1-4-13

2008年
ラーメン 133杯
つけ麺 30杯
ちゃんぽん 1杯
うどん 11杯
その他 5杯

by taronobu-hime | 2008-09-21 10:54 | 福岡市南区