ばにきゃん

<   2008年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

凌雲@山口

b0179004_0393248.jpg


山口市を後に、
続いて向かったのは周南市。
山口の久留米系名店
「彩龍」出身の「凌雲」へと
やってきました。
ここで、山口麺ブログ界の巨匠(?)
のりさんも合流、
「山口では麺の固さやタレの量などを
細かくせんといかん!」
などと、山口での食べ歩き術のレクチャーを
受けつつの入店です。
「彩龍」訪麺時は、
かなりの好印象だったため
期待も膨大。
果たして師匠越えなるのでしょうか?



b0179004_0394856.jpg


レクチャーを受けたにも関わらず
完全デフォで注文しました(爆

で、結果はというと、
完全に師匠の勝ち。
久留米らしさは存在しますが、
骨っぽさやバランスなど
全てにおいて「彩龍」のほうが
好印象です。

b0179004_0401697.jpg


麺の臭みも気になりました。
確かにオーダーカスタマイズを
しなかったからではとの声も
聞こえますが・・・。

まぁ、基本があってこその
カスタマイズですから(笑

さて、次は山口屈指の実力店と
名高い田布施のあの店へと向かいます。
何故かのりさんの車で(笑

山口県周南市栄町2-21
ラーメン 550円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★☆☆☆☆

2008年
ラーメン 85杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-31 00:38 | 山口県

侍@山口

b0179004_04158100.jpg


かなーり遅くなりましたが、
山口遠征分。
なんと4月28日に訪麺してました(爆
ムギバヤさんに案内していただき山口市、徳山市、
田布施、周防大島で合計4軒、
その後1人、下関で1軒の
計5軒の訪麺でした。

こちらは再必須店だった白河ラーメン「侍」。
白河の名店「とら食堂」直系の店で、
以前、山口&広島遠征の際は、
営業時間にたどり着けず
結局未食のままでしたので、
今回は待望の訪麺です。

当然ながらシャッター。
いの一番で入店し、
デフォである”手打ち中華そば”を注文です。


b0179004_0422830.jpg


キリッとシャープな鶏出汁。
ほのかに感じるタレの甘み。
無化調を感じさせない
旨味はお見事で、
素直に「旨い」と感じる1杯です。



b0179004_0424896.jpg


白河ラーメンの特徴である
竹打ちの麺。
グリンとしたコシとモチッとした
歯ごたえは希少な感触。
本場で食べていないので
何とも言えませんが、
福岡で食べられる白河ラーメンとは
一線を画しています。
とにかく遠征初店としては
最高の滑り出しと言えます。

b0179004_0431124.jpg


と思っていましたが、
ムギバヤ氏が注文した
「手打ち中華そば新味」は
その上を行く旨さでした(爆
動物系と魚介系のダブルスープに
国産小麦の麺をチョイスした
1杯は、単なる醤油ラーメンを
超越した仕上がりでした。
満足げに麺をほおばるムギバヤ氏に
少々恨みを覚えつつ(笑)完食し、
店を後にします。

さて、さいさき良いスタートの後は
徳山方面へと足を向けます。


山口県山口市仁保中郷760-6
手打ち中華そば 600円(4月現在)
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★★★

2008年
ラーメン 84杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-30 00:41 | 山口県

いっぱち@高宮

b0179004_23365696.jpg


高宮通りにオープンした焼鳥店「いっぱち」。
某有名焼鳥店出身の店主が営んでいる
高級系焼鳥の店ですが、
スタッフの1人が市内の某ラーメン店出身ということで
ラーメンも提供しています。
メニューは豚骨と塩です。

b0179004_2337101.jpg


こちらは豚骨です。
クリーミー系のライト豚骨で、
旨味はありますが、
いかんせんしょっぱいんです。
途中で舌がぴりぴりするほどです。

b0179004_233725100.jpg


オープン当初は違ったようですが、
現在の麺は、斜め前のお店の自家製麺を
使用しています。

まだまだ荒削りですが、
向上心も強いスタッフなので、
きっと今後はバツグンなラーメンを
作ってくれることでしょう。

ちょっとプレッシャーかけすぎかな(汗


福岡市南区高宮1-3-32
ラーメン 500円(?)
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 83杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-29 11:01 | 福岡市南区

六(ろっぽう)@西新

b0179004_23351072.jpg


いやぁ、全くブログ更新が滞ってますね。
しばらく不定期な更新が続きそうなので、
簡潔にリポすることが増えると思います。
気が向いた時にでも覘いてやってください。

こちらは西新にオープンした
否豚骨店「六(ろっぽう)」。
醤油と坦々麺がメインのお店です。

b0179004_23352341.jpg


割と期待はしていたのですが、
いたって普通の醤油ラーメン。
鶏だと思いますが、
完全に醤油の方が勝ってます。

b0179004_23353646.jpg


加水高めの縮れ麺。
これもいたって普通。

うーん、福岡で感激するような
醤油ラーメンが出てくるのは
いつになることやら・・・。


福岡市早良区西新5-4-21
醤油ラーメン 600円(?)
濃厚 ★☆☆☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 79杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-28 22:29 | 福岡市早良区

もち月@博多駅南

b0179004_2331841.jpg


ご存知、濃厚久留米系豚骨の「もち月」が
夏期限定の冷やし麺を提供しています。
※6月の記事なので終わってるかも・・・

辛いものとゆずのものと2種類ありますが、
辛いほうが出ているとのことでそちらを。
シャリシャリに凍らせたスープと
夏野菜が彩り鮮やかな一品です。

b0179004_2331214.jpg


このシャリシャリ感がカキ氷を連想します。


b0179004_23314352.jpg


麺は当然ながら豚骨とは別のもの。
コリコリしています。

辛味のタレがピリッと刺激して、
暑さを吹き飛ばしてくれます。

別添えでトッピのネギやキムチが
付いてきますが、キムチは蛇足かも
しれません。
しかし、豚骨マスターが、
こうした麺を提供できる実力を持っていることは
さすがと言わざるを得ません。

福岡市博多区博多駅南4-17-6 水曜定休
辛みRED HOT 650円くらいだったか(価格失念)
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★★☆

2008年
ラーメン 80杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-28 11:24 | 福岡市博多区

一喜@岡垣

b0179004_23294089.jpg


遠賀にある
「がんこもん」のセカンドブランド。
長浜系の「がんこもん」に対し、
こちらは久留米系とのこと。
もともと、がんこもんも長浜系とは
言いがたいラーメンではありますが、
果たしてどのような久留米系に
仕上がっているのでしょうか。
しかも店主と、その弟子2人体制での
24時間営業。
スープ管理が難しい”呼び戻し”だと思いますが、
大丈夫なんでしょうか・・・。
数々の疑問が沸きますが、

「案ずるより食べるが安し」

という言葉もありますし(爆)
とにかく食べてみましょう。

b0179004_23295447.jpg


魁龍とは打って変わって
なみなみと注がれたスープ。
しかも、がんこもん同様
かなりの濃度な様子です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

というか方向性は
がんこもんと同じような・・・。
過剰に効いたタレのシャープさと骨っぽさ。
ネットリしたアブラ。
細かくは違うのでしょうが、
大きな変化は感じられません。

b0179004_23301148.jpg


麺は選べるがんこもんに対し、
こちらは中細麺のみ。

あっ!ひょっとして
これが久留米系と豪語している
所以でしょうか?笑
このネットリマッタリモッチャリとした
高濃度ラーメンが好きな方には
オスス麺とうことで。

ともかく、24時間という営業で
このレベルをキープするのは
かなり困難だと思いますが
是非、貫いていただきたいと思います。


福岡県遠賀郡岡垣町野間3-6-26
ラーメン 550円
濃厚 ★★★★☆
繊細 ★★★☆☆

2008年
ラーメン 82杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-28 00:54 | 遠賀郡

魁龍 新宮店@新宮

b0179004_23275721.jpg


猫はぬいぐるみです(笑
さて、あの”ど豚骨”でおなじみ
「魁龍」が新宮店のみで提供している
夏期限定 鶏しお。
こちらも豚骨マスターですが、
もち月同様、他ジャンルに挑戦です。

b0179004_23281423.jpg


第一印象は「少なっ!」
スープもさることながら
麺も少なっ!

で、味はというと、
「鶏鶏っ!」
で、続いて
「しょっぱ!」

b0179004_23283614.jpg


うーん、鶏鶏したうま味はいいんですが、
このしょっぱさは・・・。

さらに、トッピの忘れ物も・・・。

小学校の先生なら
「もう少しがんばりましょう」

な感じがします。


福岡県糟屋郡新宮町大字原上1613-1
鶏しお 700円(?)
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★☆☆☆☆

2008年
ラーメン 81杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-28 00:32 | 糟屋郡

輝(ひかる)@粕屋

関東から戻りました。
今回の遠征での成果は、
①雷家@川崎
②支那そばや@ラ博
③龍上海本店@ラ博
④二郎目黒店@目黒
⑤ゼロ@目黒
⑥AFURI@恵比寿
⑦中村屋@海老名
でした。
前回の関東遠征分も未だ
アップしていないので、
おそらく今回の遠征分は
1ヶ月後くらいになりそうです。
気長にお待ちくださいませ。

さて、話は6月30日の福岡に戻ります。
東京で仕事をしながらも
福岡の情報に敏感なオゴポコ氏から、
気になる店がオープンしているとの
話を受け、ならば私がと訪麺。

b0179004_23261819.jpg


ここ「輝」は、
なんと23歳の店主が営む店。
しかし、16歳のころから
ラーメン店で働いていたとのことで、
すでに7年も経験を積んでいるツワモノ。
東京では19歳の店主がいたりと
若年化が進んでいますが、

福岡にも期待の若き精鋭が現れたと

先に申し上げておきます。

b0179004_23263457.jpg


やや博多系の香りが漂うスープは
タレも主張していますが、
濃度も割りと高めでトロンとしています。
おそらく無化調だと思われ、
それ故にグイグイくる感じはないですが、
しっかり丁寧に下処理した骨を
じっくり時間をかけて煮出しているのは
わかります。
それよりも驚いたのが”麺”です。

b0179004_23264752.jpg


パキッ!コリッ!と
食感が楽しいこの麺、

なんと自家製麺です。

揚げのセンスもいいですが、
絶妙な加水率で仕上げられた麺を
23歳の人間が作ったというのは
正直脅威すら覚えます。

この若さでこのセンス。
全体的に押しが弱く、
荒削りな部分が気になりますが、
今後、福岡のラーメン界を
盛り上げてくれる可能性を感じます。

さて、ドンドンと溜まった
ラーメンをアップしていきたいのですが、
明日からまた海外です。。。
すみませんが、2~3日滞ります(汗

糟屋郡粕屋町内橋405-13
ラーメン 600円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★★☆

2008年
ラーメン 78杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-22 00:33 | 糟屋郡

遊楽@那珂川町

b0179004_1184640.jpg


7月8日にオープンしました。
店主は滋賀県草津市の「銀水」出身。
その「銀水」、滋賀県で九州系豚骨という
肩書きでラーメンを提供しているとのこと。
しかし、ここのメニューは、
①鶏豚骨
②和風豚骨
の2種類。
はてさて、いかなるラーメンが
出てくるのでしょうか?

b0179004_119872.jpg


清い構成です。
鶏&豚骨のスープがベースで
魚介をプラスしたのが
和風なのではないかと
勝手な想像をして、
まずはデフォの”鶏豚骨”を
頂きます。

b0179004_119251.jpg


割とネットリした濃度のスープは
第一印象としては鶏白湯。
しかし、「気むずかし家」の
スープもタレもワイルドという感じではなく、
繊細で高バランスといった感じ。
豚骨はあまり意識できず、
鶏8:豚2くらいの印象です。
かと言って、一幸舎本店の
”華そば”とも違います。
おそらく極力まで化調を抑えている
のではないでしょうか。

b0179004_1194398.jpg


続いて”和風豚骨”です。
やはりベースのスープは同じようですが、
そこに魚粉と香味油が加わっているようです。
割高の割高感を払拭するべくか
トッピングが豊富になっています。
個人的にこれは蛇足ですが、
企業努力の表現方法の一つなんでしょう。

味は断然”鶏豚骨”が優勢。
”和風”はイマイチまとまりきれていない印象です。

しかし、若き店主の
弛まざる努力は感じることができることから
今後、限定麺などを出しても
面白いものが出来るような気がします。

まだアップしていませんが、
ご近所さんよりは断然好印象でありました。


福岡県筑紫郡那珂川町今光2-17
鶏豚骨ラーメン 580円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★★☆
和風豚骨ラーメン 680円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 77杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-15 11:41 | 筑紫郡

中洲ラーメン 大黒@那の川

b0179004_23242817.jpg


前回が仮アップなのに
違う店を書いたりして(爆

というか本日オープンだった「大黒」。
ここは、中洲の「藤家」出身というのは
聞いていましたが、
そのまんま”中洲ラーメン”と
名づけているのにビックリ。
中洲ラーメンと言うジャンルを
作る心算でしょうか。
”家系”と名乗るならまだ分かりますが・・・。

藤家出身と言うことで、
技術指導は「入船食堂」です。

b0179004_23244878.jpg


印象はまんま入船ですが、
鶏油少なめです。
しかし全体的に甘いのは同じ。

b0179004_23251353.jpg


麺が選択できる入船に対し
こちらは細麺のみ。
この辺が”家系”ではなく
”中洲系”なのかもしれません(笑

立地も厳しそうですし、
なんらか特徴が必要かも
しれません。
あっ、それが「中洲ラーメン」
ということなのでしょうか。

あと、辛子高菜があって
ためしに入れてみましたが、
全くお門違いでした(爆


福岡市南区那の川
ラーメン 600円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 75杯
つけ麺 17杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2008-07-14 11:02 | 福岡市南区