ばにきゃん

<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

五行@今泉

b0179004_23211922.jpg


そのオサレさから敬遠していた「五行」。
しかし勇気を振り絞り入店してみることにした。
店内はラーメン屋とは程遠い
オサレな居酒屋風の造り。
店員の接客もよく、カウンターへと
案内される。
お冷はコーン茶らしきもの。
どれ一つとってもラーメン屋の
雰囲気ではない。
メニューは塩と焦がし醤油と焦がし味噌、
さらにつけ麺。
いまの流行をいち早く取り入れていた
あたりはさすが。
直感で味噌にしてみた。

b0179004_23213940.jpg


厨房では炎が上がっている。
どうやら強火で一気に焦がして
いるのだろうか?
出てきたそれはまさにドス黒く、
その表面を脂が覆っている。
ズビリとスープを啜ると、
独特な甘みが広がる。
刺身醤油のような甘さだ。
これはかなり手ごわい。

b0179004_23215389.jpg


八丁味噌のような味わいと
脂の甘みがグワングワンと
押し寄せる。
麺は味噌としては珍しい細麺。
この麺に焦がされた味噌
(ひょっとしてマー油?)
の粒子が絡む。
くどいなぁと思っていたが、
不思議なことに後半は意外にも
サッパリしてくる。
この辺の演出はさすが
河原さんだなぁと感心した。

福岡市中央区今泉1丁目18-26
焦がし味噌ラーメン 850円

by taronobu-hime | 2006-06-29 14:05 | 福岡市中央区

西谷家@野方

b0179004_2317782.jpg


どうもハマリモードに入ってしまった「西谷家」。今回は”黒ラーメン”を注文。

b0179004_2317351.jpg


出てきてビックリ!マー油はまさに真っ黒!イカ墨のようである。ズビっと啜ると、ざらついた舌触りがあり、にんにくの風味と焦がしのほろ苦味がぷわんと口の中に漂う。確かに美味いが、ここのスープはスタンダードの方が好みかも。

b0179004_23175715.jpg


パンチとパンチのぶつかり合いが相打ちになっているのかも?しかしオープンしてまだ数日、これだけの完成度を誇るラーメンを提供できる大将に脱帽。

福岡市西区野方6丁目36-34
黒ラーメン 550円

by taronobu-hime | 2006-06-28 00:09 | 福岡市西区

清陽軒@小倉

b0179004_23153364.jpg


今度こそは!と「魚藍亭」に向かう・・・、オーマイゴー!!昼の営業は終わりました・・・。とことん魚藍亭には嫌われているな・・・。しかし今回はもうひとつ行きたい店があった。魚藍亭から徒歩1分のところにある「清陽軒」だ。暖簾には”久留米ラーメン”、”自家製麺”の文字が!うひひ、期待大。

b0179004_23154937.jpg


出てきたラーメンはトロンとしたスープに久留米系としてはやや細めの麺。おおぶりのチャーシューとゆで卵のスライスと超ゴージャス!ずずっと啜れば見た目ほど濃厚さはなく、グングンとコクが増す。元ダレのキリッとシャープな切れ味がある。こりゃぁ予想以上に美味いや!

b0179004_2316445.jpg


そして自家製麺をずるずる・・・、コリンとコシがある。かん水は少なめなのであろう、嫌な風味はない。特出したものはないが、立派にスープと融合している。毎日食べても食べ飽きない感じの一杯だ。しかも店主や奥さん(?)の接客も心地よく、常連さんらしき人がビールをグビリとやる風景から、地元の愛されるお店なのだろう。調べたところによると、「大砲」流れ、久留米清陽軒の直径らしい。しかしこの周辺には「魚藍亭」や「豚福」など老舗の名店が目白押し。麺処北九州、恐るべし!

北九州市小倉北区三郎丸3丁目9-6
ラーメン(大盛) 600円

by taronobu-hime | 2006-06-26 14:36 | 北九州市小倉北区

悟空@小倉

b0179004_23145168.jpg


中学生の頃から通っていた「悟空」。リバーウォークが出来、周辺は雰囲気は変わってしまったが、ここだけは当時のままである。残念ながら大将の意向でラーメンの写真は撮れなかったが、相変わらずのじんわりほのぼの、タイムスリップした懐かしい味わいだった。しかも価格は400円。これも当時のまま。これからも頑張ってほしい。

北九州市小倉北区室町1丁目
ラーメン 400円

by taronobu-hime | 2006-06-24 14:37 | 北九州市小倉北区

初代だるま@ラースタ

b0179004_23124387.jpg


さっそく行ってきました。ラースタ「初代だるま」、翌日のグランドオープンを控えての試食会。昭和38年にオープンした「箱崎だるま」の味を2代目の河原秀登氏が再び蘇らせようとオープンさせたのだ。午前中とあってか、まだ客は少なくすんなり入店できた。

b0179004_2313019.jpg


厨房を見ると、秀ちゃんの隣に何と先代の河原登氏の姿が!親子の連携プレーが見られるとは・・・。

b0179004_23131499.jpg


店員たちのオペレーションもいい。そして出てきたラーメンは背脂が大量に入ったスープにチャーシュー2枚、葱、きくらげとまさにシンプルな一品。ずずずっと啜れば醤油ダレがキリッと効いたシャープな味わい。「秀ちゃん」とも「だるま」とも若干違った懐かしい感じがする。やや塩辛さは否めないが素直に美味い。

b0179004_2313291.jpg


麺は極細。カタで注文したが、秒速でスープを吸っていくため後半は普通の固さに。少しだけ時間があったので秀ちゃんと話をしてみると、「昔の伝票とかデータを全部引っ張り出して大変だった」とのこと。私は初代の味を知らないが、ここまで仕上げてくるあたりは、さすがの一言につきる。是非味を維持してほしい。

福岡市博多区住吉1丁目2-22 ラースタ内
ラーメン 600円 (今日は試食会だったため無料)

by taronobu-hime | 2006-06-22 21:31 | 福岡市博多区

中国大明火鍋城@藤崎

b0179004_23114483.jpg


暑い!しこたま暑い!こんな日は辛いものでも食べて気合を入れるぞ!と「中国大明火鍋城」へ。メニューの中で最も辛いとされる”マーボー豆腐麺”を注文。この店はラー油が自慢で、その辛さは福岡一といっても過言ではないだろう。ズズッとスープを啜っていきなりムセル。ぐおぉっ!こりゃぁからひぞ!一気に汗が吹き出る。

b0179004_2312269.jpg


中華山椒の辛さとラー油の辛さが脳天を突き抜ける。味は・・・よく判らず(悲。辛いものは得意なほうだが、それでもこの辛さはハンパではない。たまらずギブアップで大量の酢を投入。結果すっぱいだけの味わいになってしまった。次回は”坦々麺”にしておこう。

福岡市早良区百道1丁目5-1
マーボー豆腐麺 600円

by taronobu-hime | 2006-06-21 22:47 | 福岡市早良区

ラーメン幸@小田部

b0179004_2393717.jpg

b0179004_23101850.jpg


こちらが醤油ラーメン。チャーシューも5枚と大盤振る舞い。スープは白濁しているが味わいは丹精で上品。ジワジワくる旨味にほっとさせられる。

b0179004_2310333.jpg


ちゃんぽん同様の自家製麺なのだが、太さはちゃんぽんより細め。プリップリの食感と縮れ具合がスープとの相性バツグン。しかし、昼時なのに客は少ない。帰りに通った「長崎亭」は並んでいた。確かに長崎亭は美味いが、私はコチラのほうが好み。是非とも食べてもらいたい一品なのだが・・・。

福岡市早良区小田部3丁目11-16
ちゃんぽん 600円
醤油ラーメン 450円


b0179004_23105957.jpg

by taronobu-hime | 2006-06-20 22:48 | 福岡市早良区

○勝@元岡

b0179004_2381770.jpg


九大伊都キャンパス近くの拡張された道路沿いに出来た「○勝」。濃厚さがいい塩梅というネット情報をもとに行ってみることに。場所柄がよいとはお世辞にも言えないが、客入りをみると結構な顧客をはやくもつかんでいるようだ。

b0179004_2383181.jpg


噂どおりドロンとしたスープだ。香りも強い。味わいは甘みが最初に口に広がり、あとから元ダレのシャープさが抜ける感じ。どこかの味に似ているなぁ・・・と考える。あぁ!中学生の頃毎日のように食べていた小倉の「悟空」の味だ。ブログをはじめてからは訪麺していないが、間違いなくそれだ!まったりした脂の多さ、多めの化調、気分は中学生に戻った。

b0179004_2384586.jpg


もちろん麺はコチラのほうが細い。福岡に来て初めて出会った懐かしい味。たしかに脂の多さは年齢的にツラクなってはきたが、この手の味わいはやっぱ好きだなぁ。今度北九州に帰ったら「悟空」にも行ってみよう。しかしこの店、驚くことに店外はおろか店内にも豚骨臭がただよっていない。どうやってスープをとっているのだろうか?

福岡市西区元岡633-1
ラーメン 450円

by taronobu-hime | 2006-06-18 00:10 | 福岡市西区

一龍@春日

b0179004_2333283.jpg


春日方面で仕事。
せっかく昼間に春日に来たのだからと
「一龍」へ。
ご存知「新風」の弟さんが手がける店だ。
前回は黒ラーメンを注文したので、
今回は白ラーメンを注文。

b0179004_23334790.jpg


青の丼と白濁スープの
コントラストが美しいそれが登場。
※葱は切っている最中だったので
入れる前に写真撮影
ズズッとスープを啜れば、
濃厚な豚骨の旨味とコクが
グググッと押し寄せる。
「新風」同様、マー油抜きでも美味い!
b0179004_2334378.jpg



新風が丸くて優しい女味だとしたら、
一龍はガツンと男味といった感じ。
同じ豚骨を使っているらしいが、
味わいは違う。
大将のお母さん曰く
「兄弟の性格が出とるんよ!」だと(笑)
とにもかくにもどちらも美味いのに変わりない。
麺もさすが新風の大将が作る自家製。
モチモチっとコリッとフワッと美味。

b0179004_23342851.jpg


で、思わず替玉&追加マー油。
これで甘みと程よい苦味がプラスされ、
あっという間に完食。
やはり学生寮も経営しているため、
夜の営業は難しそうだ・・・。
焼豚鉄板や餃子など酒にぴったりの
メニューもあるので是非飲んでみたい。
しかし今回も、気さくに話をしてくれた
大将&お母さん、そしてクールなお父さん、
本当に暖かい気持ちになれました。
また行きます!

福岡県春日市岡本1丁目5
白ラーメン 400円
替玉 100円

by taronobu-hime | 2006-06-15 11:50 | 春日市

魁龍 小倉本店@小倉

b0179004_2364484.jpg


どうも満足できなかったので、ガツンと一発くるようなラーメンが食べたい!と「魁龍本店」へ。博多店や新宮店は訪麺済みだが本店は初だ。

b0179004_237116.jpg


うっひょぉ~っ!獣臭がすごいな!他の支店とは比べ物にならないくらいスゴイ!どらどらとスープを啜ると・・・ガツンッ!1発ノックアウトKO負け!一口で体中が豚骨臭くなったのではと思うほどパンチが効いている。一体、どのようにスープをとったらここまで濃厚にできるのだろうか。しかし美味い。下世話に美味い。本店にハマる人が多いわけが分かる。

b0179004_2372071.jpg


やや太めの麺はボリュームもあり超満足。たしかに欲求は満たされたが、私にはチト重すぎた。3ヶ月に1回くらいが妥当か?

北九州市小倉北区東篠崎2丁目1ー6
ラーメン 590円

by taronobu-hime | 2006-06-12 14:37 | 北九州市小倉北区