ばにきゃん

<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

博多担々麺まるみや@薬院

b0179004_22581251.jpg


本日は坦々麺モード。
かつてから気になっていた
薬院の「まるみや」へ。
午後2時を過ぎているにもかかわらず
店内には数名の先客が。
人気のほどが伺える。
5~6名ほど座れるカウンターに
腰をおろし、
デフォの”博多坦々麺”を注文。

b0179004_22583555.jpg


出てきたそれは
クリ-ミーさが感じられるスープに、
ひき肉と、炒めた
ニラ&もやしがのったもの。
なかなか個性的である。
博多坦々麺の名前の由来は
スープを啜るとわかる。
ググッっと豚骨の甘味が押し寄せる。
そのあとに、ちょいピリっと
辛さが顔を出す。
まさに二段技。

b0179004_22585177.jpg


麺はやや太めでちぢれたもの。
まさにツルツルシコシコという言葉が
ピッタリな麺だ。
確かに美味いが、
甘味際立つこのスープには
細麺の方が合うかも?
しかしながら中華の味わいに
博多のテイストを盛り込んだ
個性派の一杯。
場所柄ツライ部分もあるでしょうが
是非貫いて頑張って欲しい。

b0179004_2259225.jpg


コチラは同行者が注文した
”味噌坦々麺”。
一口いただくと、こちらは
味噌のコクと、
ガツンとストレートな辛さが
ありこれはこれで個性的。
結構好みだ。

福岡市中央区薬院2丁目2-2
博多坦々麺 650円
味噌坦々麺 650円

by taronobu-hime | 2006-05-31 14:12 | 福岡市中央区

新風@高宮

b0179004_22553553.jpg


今宵「新風」にて麺友バスプリンさんとプチオフ。麺談義に花が咲き、あれよこれよという間に次々に酒が消化されていく。

b0179004_22555059.jpg


先日、師匠の「好来」に行ったんですよ!という新風の大将。好来と新風の麺の違いを見せていただいた。太さ、色合い、香り、全てが違う。ちなみに右が好来で左が新風。小麦粉の種類や水加減、熟成などで全く異なる麺になる。うーむ、奥が深いなぁ。

b0179004_2256650.jpg


宴は続く・・・

b0179004_22561998.jpg


いったんシメるべくラーメンを注文。今回もとりあえずマー油抜き。相変わらずのまろやかスープは絶品。まるで豚骨スゥイーツ。

b0179004_22563793.jpg


そして替玉&マー油でコクが増す。今回は固麺で注文。やっぱ普通のほうがよいかな。さすが大将、一番美味い状態で提供しているんですね。バスプリンさん、やんちゃな私に付き合っていただいてありがとうございます。大変お疲れ様でした。またオフしましょう。

福岡市南区高宮1丁目4-13
新風麺 600円

by taronobu-hime | 2006-05-26 00:08 | 福岡市南区

麺一筋@三軒茶屋

b0179004_2254060.jpg

b0179004_22541968.jpg

b0179004_22543559.jpg


1日体調が悪く、その日はあえなく麺(食事)を断念。
翌日宿泊地に近い「尾道ラーメン 麺一筋」でつけ麺を頂いた。

b0179004_225453100.jpg


ゆうに2人前はある麺に煮卵、チャーシューシナチク、
海苔がのったシンプルつけ麺。店名からわかるが、
麺にはこだわりがあるようで、キリッと冷えたそれは、
たしかにツルシコプルンと美味。
ただ万人向けといった感じは私には少々物足りない。
しかしタレはなかなかの曲者。
ガッツリ魚介節がきいた和風テイスト。
ほんのり動物系がアクセントとなっている。
麺をいただいた後はスープ割りでずるずると完食。
たしかにそれなりに美味いし、関東では当たり前なのかもしれないが
900円は割高すぎやしませんか。

東京都世田谷区太子堂4丁目22ー1
つけ麺 900円

by taronobu-hime | 2006-05-25 01:18 | 東京都

大黒@熊本

b0179004_1235543.jpg


さらに走ること約40キロ、
峠越えし熊本県に突入。
目指す派旧三号線沿いにある「大黒」。
あの有名店「黒亭」の出身。
しかし創業25年、
店舗も以前と変わり御殿となっている。

b0179004_1241783.jpg


ぷわんと揚げニンニクの
こおばしい香りとともに
ラーメンがやってきた。
おぉ、風味は強いが、
スープ自体はやや透明度を残している。
確かに黒亭チックではある。
一口啜ると、
大砲の甘味あるスープの後のためか
カキーンとシャープな味わい。
豚骨というよりニンニクスープといった感じだ。

b0179004_1244611.jpg


麺は熊本らしく太め。
存在感バツグンのコシと風味。
確かにニンニクがこれだけ効いていれば
この存在感は必要かもしれない。
とにかく、そんなに離れた距離ではないのに、
久留米と熊本の味わいは全くの別物。
これだから食べ歩きはやめられない。

熊本県熊本市高平1丁目1-14
ラーメン 550円
店舗裏にPあり(10台位)

by taronobu-hime | 2006-05-23 01:22 | 熊本県

大砲ラーメン 本店@久留米

b0179004_23574573.jpg


久々にバイクでひとっ走り。3号線を南下し、
最初の目的地「大砲ラーメン本店」に到着。
まだ午前中というのに店内はほぼ満席。
さすがです。
福岡での店舗ラースタ店を卒業し、
次回は某ショッピングビルに出店するという
噂もあるが、
これだけ本店がしっかりしていると
不安がないだろうなぁ。

b0179004_23581013.jpg


ラースタで食べると500円台だが、
本店では450円で頂ける。得した気分だが、
原油高騰のこのご時世、
ガソリン代のほうが遥かに高いですわ!
と1人ボケツッコミつつ待つことしばし、
いかにも大砲らしい”呼び戻された”
一杯が出てきた。

b0179004_23583552.jpg


ちなみにご存知の方も多いと思うが
”呼び戻し”とは、毎日継ぎ足しで
スープを作ることで、
久留米ラーメンの真髄とも言える。
さらにこの「大砲」が発案したもの。
それはそれは濃厚で獣的。
まさに好かれるか嫌われるか
両者真っ二つに割れるであろう味わい。
ラースタ店の比ではない。
ちなみに久留米流れのラーメン文化が
根付く北九州出身の私は、
この味が・・・・・・、好みです。
よっしゃぁ、次行ってみよう!
とバイクにまたがり、更に南下する。

福岡県久留米市通外町11-8
ラーメン 450円

by taronobu-hime | 2006-05-22 13:38 | 久留米市

東方餃子房@平尾

b0179004_2252711.jpg


平尾駅に近い「東方餃子房」へ。
中国人シェフが手がける料理は、
」当然餃子も美味いが、
麺も美味いのだ。

b0179004_22522427.jpg


デフォルトの「東方拉麺」。
トッピングはチャーシュー5~6枚に
青梗菜5束、千切りきゅうりと超豪勢。
ゴマの風味が漂うスープは
坦々麺のそれに酸味を加えた感じ。

b0179004_22523829.jpg


麺は中細麺。程よくコシを残し
スープに負けず主張している。
ただ少しカンスイが強め。
まさに坦々麺とサンラータンメンの
いいとこ取りのような一杯だ。

福岡市中央区平尾2丁目1-16
東方拉麺 650円

by taronobu-hime | 2006-05-21 14:15 | 福岡市中央区

博龍軒@箱崎

b0179004_22504695.jpg


博多ラーメンの生みの親とも言われている「博龍軒」。実は初めての訪問なのだ。商店街のはずれ、住宅街に入り込んだところにあり判りづらい。しかしこれぞ穴場的。期待に胸膨らませ入店。

b0179004_22511090.jpg


ブワンと豚骨臭が漂う店内では女性が3人で切り盛りしており、麺揚げをしているのは一番の年長者と思われる女性(違ったらスミマセン)。出てきたラーメンもやや茶色味が強い濃厚スープに「赤のれん」や「八ッちゃん」のそれとは違った、ぽってりと揚げられた太めの平麺。かなり手ごわそうだ。

b0179004_22512354.jpg


味わいはクールな元ダレがキリッと効いたパンチあるスープ。さらにツーンとくる豚骨が更なる演出を施す。とその反面テロテロやわやわの麺。この相性が意外に良い。化調も多めの、まさに昔ながらのラーメン。好きです!ただ全国展開している雰囲気には見えないんだがなぁ・・・。

福岡市東区馬出2丁目5-23
ラーメン 500円

by taronobu-hime | 2006-05-20 11:40 | 福岡市東区

中華はっちゃん@清川

b0179004_22494616.jpg


麻婆豆腐などをしこたま食べ、
しめは”坦々麺”。

b0179004_22493063.jpg


以前ほど辛さはないが、
キリッとしたスープは
濃厚ゴマダレにも負けていない。
程よい酸味もこれまたいい演出だ。
相変わらずサラリと
美味いものを作る大将に脱帽。
やはり”橋本一家”はスゴイ!

福岡市中央区清川2丁目18-14
坦々麺 680円

by taronobu-hime | 2006-05-15 14:17 | 福岡市中央区

札幌ラーメン えぞっ子@荒江

b0179004_2248987.jpg


城南区荒江にある「札幌ラーメンえぞっ子」。チェーン店としても有名だが、この店の大将は創立メンバーの一人だそうだ。歴史を感じる店内はいい雰囲気をかもしだしている。

b0179004_22482644.jpg


注文後に玉ねぎを炒め、スープを加え仕上げていく様は手際よく無駄がない。その証明かコクあるスープがのどを通る。合わせ味噌なのか、単純明快ではなく、奥深さを感じる。ラードはやや多め。

b0179004_22484367.jpg


太めのちぢれ麺は卵卵しておらず結構好み。プツンプツンと切れるのが楽しい。しかもボリュームもあり、食べ終わるころには「ふぅ!」と満足的なため息が出る。ときおり食べたくなる味わいだ。餃子も美味そうだったし、ビールを啜りながらというのもいいかも。

城南区荒江1丁目16-6
みそラーメン 650円

※福岡市西区野方に移転し、「こたん」で再開

by taronobu-hime | 2006-05-12 11:56 | 福岡市城南区

麺家もち月@若久

b0179004_2246458.jpg


以前訪麺したときは、昼休憩で頂くことができなかった「もち月」。ようやく啜れるぞ!と入店。店内はオッサレーなBGMが流れる。チラシに目をやると音楽&ラーメンイベント行うのだとか。「TAIZO」と似ているなぁ。

b0179004_22462032.jpg


チャーシューはバラかロースかを選択するシステム。注文後にあぶってトッピングするのだとか。今回はバラ。ちなみにロースは1枚。噂には聞いていたが見るからに濃そうなスープ。啜って確信。まさに魁龍をも彷彿させるほど濃厚トロトロスープ。マローンと甘いのが師匠の「大砲」とは一味違うが、いかにも久留米チック。

b0179004_22465783.jpg


麺は極細。これが濃厚スープを絡めまくる。しかしコシはしっかりとしている。臭みは殆どない。後半はスープが半分になるのがスゴイ。


福岡市南区若久3丁目1-18
ラーメン 550円
半玉 50円
辛味噌 50円

by taronobu-hime | 2006-05-09 00:10 | 福岡市南区