ばにきゃん

<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ぶたや@西新

b0179004_2343435.jpg


会社から比較的近い西新へ。以前からブログ等で気になっていた「ぶたや」へいってみることに。西新商店街からトポス方面へ路地を入った所にある。外観はオシャレな構えで女性の1人客でも気軽に入れる感じだ。店頭の張り紙に”替玉無料復活”と書いてあるではないか!最近は替玉を控えていたのだが、こんな広告を見るとねぇ・・・。

b0179004_23432425.jpg


出てきたラーメンしかり、オシャレな丼にオシャレな盛り付け、スープを啜ると・・・、ん?これはまさしく”秀ちゃん”!非常に酷似しているなぁ。濃厚で甘めの豚骨出汁に背脂、超極細の麺。こってりがたまらなく好きな人はハマるだろうと思われる味だ。

b0179004_23433877.jpg


正直替玉は辞めようと思ったのだが、なんせタダ!貧乏性が許してくれなかった。なんと?替玉すると醤油ダレの味が広がる・・・。また違った味が楽しめるでないの!結局ずるずるちゅるちゅる一気に完食。ただ、思ったとおり極度の濃厚さに弱い私は、数時間後に猛烈な戦いを経験する。

福岡市早良区西新4-7
ラーメン 500円 替玉 無料

by taronobu-hime | 2005-08-27 22:59 | 福岡市早良区 | Trackback

一徹@小倉

b0179004_23413219.jpg


北九州麺三昧、続いては魁龍で修行した大将が営む「一徹」。以前来たときに好印象だった店だ。昼時をはずし4時位に入店したのだが、先客が数名。すっかりファンがいるようだ。ワンタンメンも気になるが今回もデフォでいくことに。この店の唯一の欠点と言うか、注文してから出てくるまでに時間がかかることだ。まぁ、元祖のように席に着いたとたんに出てくるのは早すぎるが、5分以上待つのは・・・。

b0179004_23415010.jpg


しかぁし!ひとたび一杯が出てくればそんな苦情は消えてしまう。濃厚スープだが、あとをひくわけではなく、コクそのものが感じられ、さらにもう一口!と癖になる味なのである。2種類のチャーシューも黒門同様でこだわりが感じられる。大通りから1本入った判り難い場所での営業ながら・・・という営業形態にも好感が持てる。

b0179004_2342654.jpg


太目の麺も小麦粉の香りが口いっぱいに漂い、濃厚なスープに負けない味わい。ずるずると一気に完食。このスープなら替玉があってもいいなぁと思う。麺天国北九州、これからも追求は続けていかねば・・・と感じるのであった。

北九州市八幡東区荒生田3-5-13
ラーメン 500円

by taronobu-hime | 2005-08-25 14:42 | 北九州市小倉北区 | Trackback

麺家 風@小倉

b0179004_234073.jpg


三度リバーウォークへ。こういった集合店舗はついつい制覇したくなる・・・。戦略にハマってますな。今回は北海道は札幌から出店の「風」に。37年間フレンチのシェフとして腕をふるってきた店主が、180度方向転換しラーメン業界に参入。独創的な麺が食べられるとあって、我が麺魂は熱く燃える。とうぜんながらデフォの味噌(こってり)を頼む。

b0179004_23402394.jpg


まるで豪華なちゃんぽんを思わせる容姿は天使のように繊細、かつ悪魔のように大胆だ。濃厚味噌の風味漂うスープに角切りのチャーシュー、もやし、玉葱、にんにくの茎、さらにはジャガイモまでが顔を出す。寒い国ならではのトッピングだ。スープを啜ると、まろやかで濃厚な味噌が口の中でこれでもかと言わんばかりに大暴れ!こりゃぁ暴れん坊だ!トッピングもしっかりと炒められ甘味と旨みを演出。中でもジャガイモは目からウロコ!こってり味噌の塩気とジャガイモの甘味がすぅんばらしい!個性が溢れまくっている。好き嫌いは分かれると思うが・・・。

b0179004_23404475.jpg


特に絶賛したのは”麺”黄色味が強い卵麺はちぢれにしては細め。普段はあまり好まないちぢれ麺だが、ここのはうまい!何より味がいい!小麦粉の風味は残し、卵のまろやかさが生きている。歯ごたえもゴキンッ!といった感じか?食べ飽きることがなかった。いやはや感服。ただ値段が激高いのと食べ終わった後に、モーレツな化調の味が残るのが残念。材料から見て、北の大地で食べたほうが一段とうまいかも?

北九州市小倉北区室町1丁目1-1
味噌ラーメン(こってり) 680円

by taronobu-hime | 2005-08-23 14:43 | 北九州市小倉北区 | Trackback

Saijo@小倉

b0179004_23385878.jpg


再び北九州はリバーウォークへ。残り3件のうち北海道の「Saijo」へ。北海道と言えば味噌を思い浮かべるが、こちらの店は塩&醤油。迷った挙句「新福菜館」で醤油は食べていたので、一番人気「伝説の塩ラーメン」を注文。普段塩ラーメンはあまり食べないので期待に胸が膨らむ。

b0179004_23391557.jpg


出てきたそれは、琥珀色のスープにナルトなど豚骨ではあまり見かけないトッピングが丼を彩っている。チャーシューもかなり肉厚でうまそうだ。しかしグッと我慢しスープを啜る。鶏や豚骨、魚介のやさしい風味が最初に広がり、その後塩気が襲ってくる。整ったスープだがイマイチ気持ちが盛り上がらない。斬新さを期待しすぎたのか・・・。麺はちぢれの太麺。もっちり食感と”ぷにゅるん”という舌触りが新鮮だ。まとまりはいいので、あとは個性か?今後に期待したい。

北九州市小倉北区室町1丁目1-1
伝説の塩ラーメン 600円

by taronobu-hime | 2005-08-21 14:44 | 北九州市小倉北区 | Trackback

長浜ラーメン力@前原

b0179004_2312761.jpg


再び西へ。
前原まで足を運び人気店「力」に入店。
昼時とあってか店内は
超満員&5名ほど空席待ち。
迷ったがせっかくここまで来たので
しばし我慢・・・。
が、思ったよりも早く席が空きチェックイン。
初入店のため当然デフォを注文。
その他メニューはトッピングが豊富。

b0179004_23123241.jpg


出てきたラーメンはいたってシンプル。
トッピングはチャーシュー2枚に葱のみ。
ごてごてしていないのが好感を持てる。
スープは見た目は長浜系とは思えない
濃い白濁をしている。
一口すすれば獣臭が口の中を漂う。
うーむ、長浜というより久留米系か?
好みではある。
後口は意外にも臭みが残らない。

b0179004_2312497.jpg


麺の太さは長浜系。
太すぎず細すぎず、ほどよい感じ。
しかぁし!
口に入れると妙に粉っぽく、
ざらつきがある。
歯ごたえはバツグンなのだが・・・。
しかし全体的にインパクトある一杯。

前原市大字潤113-7
ラーメン 450円

by taronobu-hime | 2005-08-20 12:59 | 前原市 | Trackback

中華はっちゃん@清川

b0179004_23354746.jpg
野間八ッちゃんラーメン同様、
昔から通っている”中華はっちゃん”。
以前は薬院駅近くにあったのだが、
清川に移転。
一品中華料理もいいが、
一心軒に続いて坦々麺がうまいと思う店だ。
本格的調味料&材料を使うこの店、
なによりスープが激辛!
以前に増して辛い!
しかし癖になる辛さだ。
辛さの後は清湯スープの
やさしい風味が鼻を抜ける。
胡麻ダレとラー油の下は、
透明度の高い清湯スープ。
上品なそれに強烈なラー油が中和し、
口の中を刺激する。
トッピングには春巻きの皮を
揚げたものも乗っていて豪華さを演出。

b0179004_2336783.jpg


麺は細麺ストレート。
コリッコリッという食感がおもしろい。
時折麺に絡んでくる挽肉がまたうまい。
濃厚に味付けされているが、
辛さを中和してくれる。
値段が高いと思うかもしれないが、
かなりのボリュームがあるので、
2人で分けるといい感じ。

b0179004_23362581.jpg


こちらはサンラータンメン。
清湯スープに酸味を加え
とき卵をあしらった一品。
黒酢がコクを、卵がまろやかさをだす。
食欲がなくなる熱いこの時期に
ぴったりの麺である。
麺は坦々麺同様、細麺ストレート。

福岡市中央区清川2丁目18-14
坦々麺 680円
サンラータンメン 740円

by taronobu-hime | 2005-08-19 14:42 | 福岡市中央区 | Trackback

みんみん@広島

b0179004_0134623.jpg


ほっこりした気分で2日目を迎える。
と言ってもテントの中はしこたま暑く、
熟睡は出来なかったのだが・・・。
午前7時、そろそろ起きるかとウダウダしていると、
テントの入り口を叩く音が。
「起きてる?朝ごはん食べなさい。」
昨日の女性である。何と朝飯をもってきてくれたのだ。
どうしてここまで他人に優しく出来るのだろう・・・。
自分が優しくないだけなのだろうか?
気ままに飛び出した今回の旅。
人との出会いは正直求めていなかった。
だがこれだけの温かい気持ちを頂いて、
自分に足りない何かを教えてもらった気がした。
ただ僕らは彼女に何もすることが出来なかった。
この場所を借りてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。無事に帰り着きました。
最高の思い出が出来ました。
よぉし、福岡に帰るか!と、その前に麺、麺・・・


b0179004_0143090.jpg


繁華街に出て、人気のつけ麺屋へ。
うしうし、広島名物はやっぱ食べとかないと!
店内には巨人軍の清原選手のサインや写真でいっぱい。
どうやらお気に入りなのだろう。
昼前だというのにほぼ満席。
さすが人気店、期待しまんがな!
メニューを見、つけ麺普通を注文。
値段は900円。高いなぁと感じつつも、
まぁ人気店だし、きっとうまいんだろうから・・・
と自分を説得させる。しばし待っていると、
紙エプロンが配布された。


b0179004_0145443.jpg


そして遂に登場!広島名物「つけ麺」!
大き目の丼にモリッと盛り付けられた麺とキュウリ、
茹でキャベツ、白髪葱、もやし、チャーシュー。
もう一つの器にはいかにも辛そうなつけダレ。
では早速チャーシューと野菜から・・・。
タレは胡麻ラー油の辛さが効いている。それだけ。
際立った特徴はなし。やはりつけ麺は”麺”が命!
細くて白いスラっと真っ直ぐに伸びた麺を啜る・・・。


b0179004_0152114.jpg


普通。いたって普通。そこそこコシはある。
しかしタレが味濃いので、小麦粉の風味は皆無。
とりたてて美味いとも言えず、マズくもなく普通。
期待が大きかったので非常に残念。

みんみん 広島市薬研堀
つけ麺 普通 900円

by taronobu-hime | 2005-08-11 00:11 | 広島県 | Trackback

南京ラーメン 黒門@遠賀

b0179004_23283977.jpg


参りました。福岡では絶対に食べることが出来ないラーメンだ何より濃さを重視するのとは違い、北九州地区に代々伝わる、しっかりとれた”出汁”を重んじるラーメンがここでは食べられる。道沿いより奥まった所に構えられているので分かりにくいが、その気になれば簡単に見つかる。

b0179004_23285938.jpg


b0179004_23292243.jpg


もう皆さんご存知でしょうから詳しくは書きませんが、食べれば食べるほど奥行きを感じ、何度でも食べたくなる。店主の心遣いも嬉しい。わざわざ福岡から食べに行かれる人がいるのもうなずけます。 優しい味、人柄・・・。心温まるいい経験ができます。

ラーメン 500円
福岡県遠賀町別府4451-3

by taronobu-hime | 2005-08-03 01:03 | 遠賀郡 | Trackback

新福菜館@小倉

b0179004_2326121.jpg


続いて第二段!こちらも京都で人気の店。だが、醤油豚骨ではなく醤油ラーメンを出す中華料理店。二件目ともあり少々ハラ太目での入店、醤油ならボリュームもそれなりでいいだろうと・・・。

b0179004_23263147.jpg


ところがドッコイ!そのボリュームの凄いこと!大き目の丼にボテっと麺が入り、その上にもやし、シナチク、チャーシュー、葱と山盛りだ。こりゃぁ手ごわいぞとスープを啜る・・・、ガツンと濃い醤油がジャブを打ち、その後に獣のアッパーが飛び出す超濃厚系。醤油でこんなにパンチが効いているラーメンは初めてだ。うまい!うまいのだ!連食とは思えない勢いで食す。

b0179004_2327121.jpg


麺はやや太めのストレート。醤油はちぢれと思っていたが、なんのなんの、スープとの相性バツグン!バツンバツンと弾ける。さらに豚骨だと好まないもやしが、いいアクセントとなってさらなる食欲を生む。九条葱の風味もバツグンだ。それと何より甘辛く炊き込まれたチャーシューが絶品!濃厚醤油スープに負けない味付け&相性。はっきりいって好みです!濃厚かつまろやか&奥深い中華そば、概念が変わりました。謝謝・・・

新福菜館ラーメン 600円
五つ星らーめん街

by taronobu-hime | 2005-08-02 14:45 | 北九州市小倉北区 | Trackback

熟成細麺 宝屋@小倉

b0179004_23245016.jpg


それでは、北九州麺ツアーアップ!!まずは京都から五つ星らーめん街に参入した「宝屋」へ。ラーメン激戦区である京都。その京都で独自の醤油豚骨が人気を博している名店。外観&内観は今時風。従業員の接客も元気があって気持ちがいい。メニューを見るとイチオシがトロ肉チャーシュー麺というのが分かるが、グッとこらえデフォを注文。

b0179004_2325738.jpg


出てきた一品は、ほんのり澄んだスープ、キレイに盛られた具材・・・。非常に上品なもの。普段は丼に口をつけスープを啜るのだが、あまりにも上品なので珍しくレンゲを使う。ぼわっと豚骨が鼻を抜け、後から鶏のコクが口いっぱいに広がる。味もまた上品。よく見ると背脂も浮かんでいる。その甘味も優しく、まさに女性に好まれるもの。郷家とよく似ている。

b0179004_23252281.jpg


麺は細麺ストレート。スープとよく絡むように低温で熟成しているとのこと。味は小麦粉の風味がしっかり効いている。コリっとした食感もまたたのし。しかし全体的に物足りなさorパンチがない。しょうがないかと食べ薦めていくと・・・、あら?あらあら?うまいでないの!食べ進んでいくうちにどんどん旨みが増し、ずりずりと一気に啜ってしまう。これは最後の最後までいただける麺だ!そこもまた郷家チック。

ラーメン 580円
五つ星らーめん街

by taronobu-hime | 2005-08-01 14:46 | 北九州市小倉北区 | Trackback