ばにきゃん

カテゴリ:大野城市( 7 )

みちのや商店@大野城市

車でナイト!!

b0179004_1326077.jpg


んでもってコレ!

b0179004_13265426.jpg


ラーメン(580円)

醤油ダレ強めで!!

化調強めで!!

豚感負けとらん!!

中々に中々。

b0179004_13272188.jpg


ザックジャパンな麺!!

「みちのや商店」
【場 所】大野城市川久保1-1-11
【時 間】11時~23時半
【休 み】不定
【価 格】580円
【評 価】8.0点

by taronobu-hime | 2014-04-15 19:24 | 大野城市

こいけ@大野城市

名前シリーズ!

第一弾はココ。

こいけさ~ん、こいけさ~ん

b0179004_18373526.jpg


好き好きぃ~♪

で、コレ。

b0179004_18381514.jpg


こいけさ~ん、こいけさ~ん

b0179004_1843405.jpg


好き好きぃ~♪

じゃなかった・・・(´Д` )

「こいけ」
【場 所】大野城市大字横峰1-3-5
【時 間】11時~19時
【休 み】不定
【価 格】500円
【評 価】5.5

by taronobu-hime | 2014-01-08 20:32 | 大野城市

筑後屋@大野城

6月訪麺分

男は度胸!

b0179004_23382598.jpg


わかってはいましたが・・・

b0179004_23383513.jpg


まさかここまでとは・・・


2009年 
ラーメン 126杯
つけ麺 21杯
まぜそば 2杯

【場 所】大野城市御笠川4-2-16
【時 間】11時~24時
【休 み】不明
【価 格】筑後屋ラーメン 580円
【評 価】2.0

by taronobu-hime | 2009-05-18 23:37 | 大野城市

大輝@大野城

3月訪麺分

佐賀のコチラ出身と聞いて訪麺です。

b0179004_117635.jpg


ということで、
こうした物もありました。

b0179004_1172165.jpg


師匠店ライクではなく、
呼び戻しはややライト。
ですが、濃度は割りと高め。

b0179004_117333.jpg


おそらく日によって
かなりブレが出るような
印象は受けます。
ちなみにこの日は
好印象でした。

b0179004_1174384.jpg


ただ、麺がいただけないです。
やや太めなのは
師匠店ゆずりですが、
かなり弱いです。

しかし、個人的には
師匠店より好みであります。

2009年 
ラーメン 80杯
つけ麺 14杯

【場 所】福岡県大野城市仲畑4-31-1
【時 間】11時半~22時 
【休 み】火曜日
【価 格】ラーメン 500円
【評 価】7.0

by taronobu-hime | 2009-04-03 07:06 | 大野城市

一幸舎 大宰府インター店@大野城

※11月訪麺

b0179004_0313163.jpg


大宰府インター店ですが大野城市です。(笑

さてここは、現在多店舗展開が激しい
ウィンズジャパン(一幸舎)の
セントラルキッチンを担う店です。
現在オープンしたイオン筑紫野や、
キャナルなど、店舗でスープを炊きにくい
場所の出店では、ここでスープを作り
配送するとの事。
厨房には5つの羽釜が設置され、
ゴンゴンと豚骨を炊き上げています。




b0179004_0315258.jpg


遊んでみました。

”味玉チャーシュー麺”950円。
4桁を寸止めです。

トロンとしたスープは、
博多本店より強め。
その分旨味も強め。
というか強すぎかも・・・。

b0179004_032646.jpg


故に塩分濃度も高め。
これはもう少し抑えてもいいかも。

セントラルキッチン建設により、
この店舗近くに製麺工場も増設。
1日に4000~5000玉製麺可能
なんだとか。
凄いキャパですねぇ。

セントラルキッチンの立役者「一風堂」を
超えることが出来か?
今後が楽しみです。


福岡県大野城市筒井4-21-10
味玉チャーシュー麺 950円
濃厚 ★★★★☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 261杯
つけ麺 56杯
ちゃんぽん 6杯
うどん 24杯
その他 9杯

by taronobu-hime | 2008-12-19 13:43 | 大野城市

壱屋@大野城

※11月訪麺

b0179004_0295048.jpg


六本松にある「壱屋」出身の独立店。
ですが屋号は「壱屋」だそうです。
店主は中国人。
海外の方が作る豚骨ラーメンとは
一体どんなものなのでしょうか。

b0179004_030471.jpg


メニューは大きく分けて
豚骨、豚骨醤油に加え、
アゴ出汁の中華そばがあります。
確か六本松の壱屋にも
アゴ出汁を使ったラーメンが
あったように記憶しています。

b0179004_0301794.jpg


注文はデフォの”豚骨らーめん”。
おぉっと、これは驚いた!
なんと香味油がのっています。
これはおそらくオリジナルでしょう。
スープ粘度は低いですが、
しっかり煮出された印象です。
さらに香味油もベースを崩すことなく
あくまでも名脇役として
味を補います。

b0179004_0303232.jpg


飛びぬけて旨いわけではありませんが、
キッチリ作りこまれているラーメンです。
当然ながら六本松の店よりも
好印象です。
拉麺としての概念は根本的に違う
中国人ですが、これは立派にラーメンです。


大野城市白木原4-13-36
豚骨らーめん 550円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★★★☆

2008年
ラーメン 253杯
つけ麺 56杯
ちゃんぽん 6杯
うどん 24杯
その他 8杯

by taronobu-hime | 2008-12-17 13:44 | 大野城市

つるまる@大野城

b0179004_0322151.jpg


久々の独断と偏見で勝手に行う
「九州ラーメン総選挙」検証。
今回は第9位だった「つるまる」だ。
はっきり言って、この店舗の事前情報は
ほとんどなく、飛び込みに近い訪麺だ。
カウンターにテーブルと、
基本的ラーメン屋スタイルの店内は、
”やや”コンサル系。
というより、コンサルを目指している系。
厨房ではクックコートを着た店主と奥さんらしき女性、
そしてそのお母さんらしき方と、若い男性店員。
コンサル目指しとは裏腹に家族経営といった感じ。


b0179004_0323396.jpg


基本ラーメンは、豚骨と醤油。
そのほかのメニューに、流行の黒や
味噌なども提供しているようだ。
気になる例のアレは、どうやらないようだ。

b0179004_0324534.jpg


出てきたラーメンは、大ぶりのチャーシューこそ
気を惹かれるが、それ以外は至ってシンプル。
スープの味わいは、ココやココみたく、
クリーミーというわけではないが、
博多ラーメンのように元ダレがキリっと
効いているわけでもない。
薄くもなければ濃くもない。

b0179004_033128.jpg


確認をしなかったのだが、
麺は自家製ではなかろうか。
変なパキパキ感はなく、程よくしっとり、
小麦臭も控えめなもの。
正直印象は、誰しもが無難に啜れるラーメン。

まぁ、恐ろしく葱が臭かったのは確かだが。。。

この店、南区の「てん(18位)」と関係があるようだ。
それに加え、作りは丁寧で、おそらく無化調であろうことから
ピックアップに至ったのではないだろうか?


さて、ここで冒頭に書いた”コンサル目指し”の話だが、
まぜ”目指し”なのか?
店舗の造りや店主のクックコートなど、
それを意識はしているものの、
それ以外の従業員は私服だったり、
若い男性店員が店内を移動する際に
かかとをゴスゴスと音をたてて歩くさま、
ちょいと雑な接客など、
どうみてもコンサル系とは言えないのである。

大野城市若草3-13-15 
らーめん 500円
濃厚 ★★★☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2007年度
ラーメン 通算 117杯
ちゃんぽん 通算 3杯
うどん 通算 12杯
その他 通産 1杯

by taronobu-hime | 2007-06-22 13:45 | 大野城市