ばにきゃん

カテゴリ:北九州市戸畑区( 7 )

共栄軒@戸畑

続いても北九州ネタ。

蒸し麺ちゃんぽんで有名な戸畑、

そこにある「共栄軒」です。

b0179004_14475884.jpg
b0179004_14481889.jpg
b0179004_14484219.jpg
b0179004_14485279.jpg


やばいなぁ・・・。

豚と鶏と胡椒のバランス・・・。

この味3種の仁義味で育った私の舌に

「好きやろ?」

と、ビンビン問いかけます。

しかし客観的に見ても、

北九州のラーメンは福岡のラーメンより

平均レベルが高いと思います。

ちなみに周りのお客は、

大きな手羽の唐揚げを食べてました。

必食なのかもしれません・・・。


「共栄軒」
【場 所】北九州市戸畑区初音町6-15
【時 間】10時~23時
【休 み】水曜日
【価 格】550円
【評 価】8.0

by taronobu-hime | 2012-01-05 16:09 | 北九州市戸畑区 | Trackback

八福@北九州市

7月訪麺分

老舗、かつ人気店という「八福」
場所は決してよくないですが、
昼時の店内は満席&ウェイティング状態。

b0179004_094346.jpg


北九州独特の
豚骨&鶏スープです。

b0179004_095123.jpg


いくら安いからといっても、
ここまで旨味がないのは・・・?
ブレかもしれませんが、
ここまでブレているのは
濃厚向け味覚の私にとっては
よさがイマイチ理解できません。

b0179004_010098.jpg


2009年 
ラーメン 156杯
つけ麺 26杯
まぜそば 2杯

【場 所】北九州市戸畑区銀座2-1-18
【時 間】11時~19時半
【休 み】日祝
【価 格】ラーメン 350円
【評 価】5.0

by taronobu-hime | 2009-06-13 00:08 | 北九州市戸畑区 | Trackback

龍王@戸畑

b0179004_23242212.jpg


恥ずかしながら初訪麺です。
北九州は戸畑で営業する「龍王」です。
日曜休みで昼のみ営業とあり
なかなか足が向かなかった店です。
しかし、多くの北九州人から

「うまいよぉ~」

などと言われ、かつ、実際に人気店なので、
行かなくてはと思っていました。
店内は満員御礼。
待ち客まで出ています。
こうなると、非常に期待してしまうのが本音。
胸パンパンでラーメンを待ちます。

b0179004_23244139.jpg


おっと、これは予想外、
香味油がガツンと表面を覆っています。
おそらく鶏油がベースではないでしょうか。
しかし、なんだか妙に
香ばしいというか焦げ臭いというか・・・
その反面スープはシャビっとして
塩分強めですが妙に甘い。。。

b0179004_23245855.jpg


麺はちょい揚げすぎでヤワめ。
正直、個人的には
好みからかなり外れています。

うーん、やはり人気店と言えど
食べてみないと分からないもんです。


北九州市戸畑区正津町10-15
ラーメン 550円
濃厚 ★☆☆☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2008年
ラーメン 197杯
つけ麺 48杯
ちゃんぽん 3杯
うどん 19杯
その他 7

by taronobu-hime | 2008-11-14 23:05 | 北九州市戸畑区 | Trackback

寛太郎@戸畑

b0179004_083622.jpg


これでもかと北九州麺。
ここ「寛太郎」は、戸畑ちゃんぽんを
頂ける店であるのだが、
訪麺目的はそれにあらず。

かくいう、戸畑の有名店「龍王」の
関係店なのである。
どういう関係かというと、
寛太郎の店主が、
龍王の先代からラーメン作りを
教わったのだとか。
ならば、あの独特のスモーキークレーバーが
堪能できるのでは?と訪麺。
しかし、メニューには、
ラーメンやちゃんぽんをはじめ、
定食類も充実。
そのラーメンに至っては
牛スジラーメンなども提供している。
果たして町のいち老舗店なのか?
はたまた・・・。

b0179004_084968.jpg


これは流行りに敏感な証拠なのか?
しっかりイマドキダレも用意されている。
おそらく店の歴史から考えると、
開店当初からあったとは思えない。

b0179004_09339.jpg


出てきたラーメンは、
龍王とは全く異なった面持ち。
味わいしかり。
豚骨だけにあらず、
鶏がらの存在も感じるスープは、
11時間かけて作っているそうだが、
特出したものはないシミジミ系。

b0179004_091647.jpg


関係があるとか、
そういった片鱗は全くない。
トッピングが豪勢なのはいいが、
もやしがごま油で炒められており、
その香りが強すぎる。
あとワカメも邪魔に感じる。。。
正直かなり好みからは離れるが、
これだけのトッピングがのって
この価格というのは驚きである。

そしてふと思う。。。

昔の龍王ってこんなだったのか?
それともここが、変えたのか?

北九州市戸畑区浅生3-14-21
ラーメン 480円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★★☆☆☆

2007年度
ラーメン 205杯
ちゃんぽん 4杯
うどん 21杯
その他 3杯

by taronobu-hime | 2007-11-29 23:06 | 北九州市戸畑区 | Trackback

昭和@戸畑

b0179004_23241019.jpg


北九州で暴れん坊と言えば
「魁龍」を思い浮かべるが、
ここ戸畑でも、違った意味で
暴れん坊麺があるという。
さしずめ「魁龍」が小倉祇園暴れ太鼓なら、
ここ「昭和」は戸畑提灯山笠、燃え盛る提灯
と言うべきか。

とにもかくにもその暴れん坊ぶりを
確認するべく訪麺。
車を駐車場に止め、降りた瞬間、
驚くべき豚骨臭が鼻をつんざく。
ここでふと、あの記憶が蘇る。

ココだ。。。

一瞬たじろぐも、気を取り直して入店。
店内は意外に広く、
カウンターとテーブル席で構成されている。
店内には、

「厳選した豚骨を長時間煮込んで・・・」

と書かれている。
確かに長時間煮込まなければ
この臭気は発生しないだろう。

b0179004_23242454.jpg


そして出てきたラーメンからも
つんざくような強烈な豚骨臭が漂う。
正直好みからはかけ離れるが、
小倉祇園と戸畑山笠との比較するという
使命にかられ、恐る恐るスープを啜る。

おや?

香りほどつんざくイメージではない。
ライトではないが、小倉祇園(魁龍)ほどの
パンチはなく、油と臭気で食わせるタイプだ。
と思っていた矢先、恐ろしいほどの塩気が襲う。
何でも厳選した塩を使用しているらしく
独特な甘みがあるらしいのだが、
その甘みは皆無、塩、塩、塩。
醤油系元ダレに塩ダレもプラスしている
のではないかと思わせるくらい
塩が際立っている。

b0179004_23243837.jpg


麺はコシではなく、
食感重視のもの。
ポクっとした感じは好みのタイプ。

全体的に味が散漫であることは確かだが、
ガッツリ食べたい若き男衆には
結構ハマる人も多いのではないだろうか。
そういったあたりも前書の店とカブる。

ここで結論!
レベルの相違はさておき、
骨太パンチ系出汁の小倉祇園に対し、
臭気&調味パンチ系出汁の戸畑提灯山笠

と言ったところか。
最後に食べた魚介出汁の効いた
味玉が、ホッとさせたのは言うまでもない。

北九州市戸畑区新池1-11-24
ラーメン 550円
濃厚 ★★★★☆
繊細 ★☆☆☆☆

2007年度
ラーメン 163杯
ちゃんぽん 4杯
うどん 17杯
その他 2杯

by taronobu-hime | 2007-09-05 23:08 | 北九州市戸畑区 | Trackback

清龍@戸畑

b0179004_23424475.jpg


せっかくの帰省だし、普段食べない麺をと思い悩むこと数分、「そうだ!戸畑ちゃんぽん」だ!と「清龍」へ。戸畑駅前の中本商店街の一角にある店舗だ。店内はカウンターと小テーブルに小上がりとあり、子連れも行きやすい。ラーメンも気になったのだが、初心を貫き「戸畑ちゃんぽん」を注文。

b0179004_23425858.jpg


思っていたより具は少なめ。小葱が印象的だ。まずはスープを啜る・・・、ん?あっさりしていて野菜の甘みも効いているのだが、何だか違和感を感じる。

b0179004_23431084.jpg


そして戸畑ちゃんぽんの特徴である”細蒸し麺”をいただく。つるっとした舌触り、パチンという弾力、なかなかウマイ。するっと胃に収まっていく感じだ。心なしか量も少なく感じたためかあっさりと完食できた。

b0179004_23432234.jpg


食べ始めから感じていた違和感はラーメンを食して判明。あっさりだがコクもあるスープは好感が持てるのだが、妙な臭みがある。おそらく豚骨自体を丁寧に仕込んでいないのであろうと思われる。このあたりがクリアになればなかなかの実力店となるのだが・・・。

北九州市戸畑区中本町5-3
戸畑ちゃんぽん 600円
ラーメン 480円
子連れの行きやすさ ★★★☆☆

by taronobu-hime | 2006-11-25 23:09 | 北九州市戸畑区 | Trackback(1)

珉子ラーメン戸畑店@戸畑

b0179004_2325136.jpg


本店よりも支店のほうが美味いとのうわさを聞き、やってきた「珉子ラーメン」。門司の本店もかなりの人気なのだが、ここ戸畑店も負けてはいない。昼前に訪麺したのだが、席は8割がた埋まっている。メニューを見るとオススメはトッピングが豊富な”珉子ラーメン”らしいが、あえてデフォで注文。年季の入った厨房では女将さん(?)が一人で切り盛りしていた。スープは本店からの支給なのだろうか?

b0179004_23252227.jpg


出てきたラーメンは醤油色強めの油系。スープを啜れば、グインと豚骨出汁が押し寄せ、口の中に粘膜を残す超ハードパンチャー。北九州らしく、ほどよく効いたコショウがまたいい演出をしている。

b0179004_23253581.jpg


ほどよく柔めの麺もこのスープにドンピシャリ。かなりクセがあるので好き嫌い分かれるだろうが、個人的には好みの味わいだ。店舗のつくり、ラーメンの調理法を見るからに、本店からの支給でまかなっているようには感じない。果たして真相は・・・

北九州市戸畑区浅生1丁目2-15
ラーメン 500円
子連れの行きやすさ ★★☆☆☆

by taronobu-hime | 2006-10-30 23:10 | 北九州市戸畑区 | Trackback