ばにきゃん

麺屋武蔵示申山@神田

さぁ、今回の東京遠征
最大の目的店、
「麺屋武蔵示申山(かんざん)」です。
”神”ではなく”示申”と書きます。

まさにオープン当日の2月11日に
オゴポコ氏と訪麺です。

青山の閉店日にも訪麺できたので
何だか運命を感じます。

とは言うものの、
よほど舞い上がっていたのでしょう、
外観写真を撮り忘れていました(爆


気を取り直して・・・。


ここ示申山は、
青山の移転という位置づけなので
コンセプトは「塩」です。
さらに店内に”サラマンダー”という
調理器具(肉焼き機)を導入、
それを使用したチャーシューが
名物ということになります。

で、私が”ら~麺”を。
オゴポコ氏は”つけ麺”を注文です。

b0179004_22562539.jpg


おぉっ!
これまた見事な「肉」です。
かなりぶっといです。

さて、スープはというと、
青山と比べ、繊細ではなく
随分とパンチが効いたものに
仕上がっています。
というのも背脂がかなり投入
されています。
かと言ってくどいわけでもなく
十二分に旨いです。

b0179004_22563925.jpg


麺は武蔵お得意の「カネジン」。
モチッとプリッと素敵な歯ごたえです。

そしてお待ちかねの肉ですが、
単純に旨い!!
やや甘めの味付けですが、
表面がカリッと焼かれ、
香ばしさがあり、中はトロンとしています。

b0179004_2257474.jpg


続いては、オゴポコ氏の注文した
”つけ麺”です。


あれ?


肉は?


ないですか!?


そうですか・・・。


まさかウリであるチャーシューが
入っていないとは・・・。
これにはオゴポコ氏も
動揺しているようで、
店主・矢都木氏に
「肉は入っていないんですか?」
と質問。すると・・・、
具材が豪華版の”示申山つけ麺”にしか
入っていないとのこと。

これはかなりイタイ!
まさか入っていないと分かっていれば
示申山つけ麺を注文していたはず。
せめて説明書きがあればと
悔やむオゴポコ氏でありました。

さぁ、武蔵系は残り3軒、
張り切っていきましょう!

2009年 
ラーメン 44杯
つけ麺 7杯

【場 所】東京都千代田区内神田3-8-7
【時 間】11時~22時
【休 み】無休
【価 格】ら~麺 750円
【評 価】 8.0点

by taronobu-hime | 2009-02-19 22:55 | 東京都 | Trackback
トラックバックURL : http://banican.exblog.jp/tb/11417825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大黒屋@赤羽 麺屋武蔵武骨外伝@渋谷 >>