ばにきゃん

ゆうき亭@小倉

b0179004_23215738.jpg


北九州不定期訪麺。
今回は、新店と老舗、さらにアウトロー系など
4店舗を訪麺。
まずは7月にオープンした「ゆうき亭」。
オゴポコさんによると、広島系(醤油豚骨)だとの
記事が書かれている。
先日、広島遠征に行った私としては
気になりまくり。

場所的に、近くには「東洋軒」や「恋善」など
実力店がひしめく場所。
この立地で開業するあたり、
店主はかなりのツワモノだと思われる。
果たして・・・?

b0179004_23221398.jpg


ふとテーブルを見ると、
変わったトッピングが目につく。
実はコレ、背油を揚げたもの。
通常、そのまま入れることの多い背油だが
揚げることによってコクが増すのだとか。
その他、色々と写真を撮影したり、
話を聞いたりしていると、店主から

「同業者ですか?」
と聞かれる。

慌てた私は思わずこう答えてしまった。

「いえいえ、ただのマニアです」

その答えに、店主はニッコリと微笑み
「そうですか」と一言。
実は、店主もかなりラーメンを食べ歩いていたらしく
すぐに納得できたのだとか。
これで話しやすくなったことは確かで
その後も色々と聞くことができた。

と、その前にラーメンだ。

b0179004_23223124.jpg


見た目は至って普通の豚骨。
その味わいはというと、
ん?これまたマットな豚骨。
広島チックな醤油豚骨とは
かけ離れているように感じるが・・・。
しかし、食べ進むにつれ、
醤油のキレが増してくる。

b0179004_2322456.jpg


前半は濃度の高い豚骨で、
後半は醤油を食べている印象だ。
試行錯誤しながらスープを作っている感じが
非常に受け取れ、
確実に”旨い”レベルだと思う。

このスープ、実は久留米系だと言う店主。
ようは”呼び戻し”で豚骨を煮出しているらしい。
しかし、その味わいは久留米系とは
かけ離れたもの。
さしずめ久留米と広島のいいとこどり
といったところか。
さらに面白いネタをひとつ。
店主の奥さんの実家は
北九州で有名な某店だとか。
私は未食なので、近々訪麺して
その時に詳細を明らかにしたいと思う。

とにかく、北九州では珍しいタイプのラーメン。
マニアはともかく、地元民に
受け入れられるのか、
さらなる進化があるのか?
今後も不定期に訪麺してみるか。

北九州市小倉北区黄金1-3
ラーメン 580円
濃厚 ★★★★☆
繊細 ★★★★☆

2007年度
ラーメン 162杯
ちゃんぽん 4杯
うどん 17杯
その他 2杯

by taronobu-hime | 2007-09-04 14:20 | 北九州市小倉北区
<< 昭和@戸畑 夢らぁめん げんき家@福重 >>