ばにきゃん

藤原来々軒@佐伯

b0179004_0212532.jpg


週末は絶好のラーメン日和。
こんな日に遠征しない手はないと
ラツアー決行。
メンバーは、じーのさんと
職場の先輩、三味線野郎。
この三味線野郎は、
宮崎出身で大柄な体系。
ラーメンをこよなく愛しており、
マイベスト麺が「元祖」という
ジャンキー野郎なのである。
今回の遠征に対し、
佐賀ラツアーに参加し、
2時間半で5杯制覇した
小金ちゃんには負けたくないと豪語。
新人ながら頼もしい三味線弾きなのである。
大宰府インターから爆走すること
2時間半、第一の目的地”佐伯”に到着。

b0179004_0214067.jpg


いまやラヲタ界では
有名になった”佐伯ラーメン”。
なかでもここ「藤原来々軒」は
創業40年という老舗。
佐伯にきたらここはハズせないという
オゴポゴさんのリポを参考にした訪麺だ。
店内はかなり狭く、
カウンターに8人座れば満席といった状態だ。
メニューを見ると、普通のラーメンに加え、
醤油、味噌、カレーなどもある。
気になるところだが、
聞けばベースは豚骨とのことなので
普通のラーメンを注文。

b0179004_0215532.jpg


福岡に比べると当然ながら
ボリュームがある1杯。
大きなチャーシューに、
これでもかというくらいかかった
胡椒に漂うニンニク臭。
ややトロみがかったスープは
意外にもライト。
しかし元ダレとニンニクが
キリっと効いている。

b0179004_0221320.jpg


麺はやや太めのストレートで
ヤワめの揚げ加減。
しかしブヨブヨというわけではなく
キッチリと今が食べごろですよと
意思表示している。
チャーシューは大きくてお得感があるが、
なんせ塩っからい。
単品でも注文できるとあって
酒のあて的な存在なのだろう。
おかげで食べ終えた後も塩気が
口の中に残ってしまった。
兎にも角にもライトながらシャープで
フワフワという佐伯独特の味わい。
ひっきりなしに入ってくる客にも頷ける。
退店後、三味線野郎に
感想を聞こうと思ったが、
無言のまま車に乗り込み、
何か物思いに耽っている。そして一言・・・

「宮崎と熊本の中間だな・・・」

あまりの適切な表現に驚く我ら2人、
そして微笑する三味線野郎。
これは面白いことになりそうだ!
続いての店ではどんなコメントが飛び出すのか?
佐伯のコンサル系人気店に足を向けた。

佐伯市鶴岡町1丁目3-27 月&第三火定休
ラーメン 500円
濃厚 ★★☆☆☆
繊細 ★★★☆☆

2007年度ラーメン 通算 30杯

by taronobu-hime | 2007-02-13 00:20 | 大分県
<< 楽天@佐伯 元祖長寿らーめん@堤 >>