ばにきゃん

東洋軒 直方店@直方

b0179004_3392577.jpg


小倉で絶大なる人気を誇る「東洋軒」。
こちらはその支店である。
約2年前にOPENしたとのこと。
先日、拉麺本位のオゴポコ部長も訪麺し、
好印象だったとリポしている。
場所は非常に分かりづらく、
商店街を抜けたあたりに位置する。
カラオケBOXのような個室が点々とする
食事処の一角にあるのだが、
なんだかとても変わった雰囲気だ。
店内はカウンターのみ。
しかし、家族連れなどは、
別室のテーブルで食べることも出来る。

b0179004_340519.jpg


本店のそれとは明らかに違うチャーシュー。
かなり大ぶりだ。
なみなみと注がれたスープは熱々で
丁寧な仕事を連想させる。
赤く紅生姜に見える合馬の筍メンマも
健在だ。
その味わいは・・・

美味い!

かれこれ数年、本店は食べていないが、
記憶をたどってみる限りでは、
本店をしのいでいる。
豚骨と鶏がらで煮出されたスープは
北九州によく見られるタイプだが、
しっかりと出汁が効いているため濃厚。
しかし、するっと胃に収まり
もう一口、もう一口と
啜りたくなる味わいだ。
看板に歌われている”久留米ラーメン”とは
相違するが、やや甘めで、しっかりとコクを演出。

b0179004_3402597.jpg


テロテロの本店に対し、絶妙な揚げ加減で、
ギリギリのところで角を残した中太麺も
実に好印象。
食べ終わりに若干の化調痺れが襲うも
全くの許容範囲内。
店主は以前本店でメインに切り盛りしていた方。
やや強面で、本店の店主に似ていることから
親子ですか?と尋ねたところ、

「違いますよ。よく言われますけど(笑)」

と満面の笑みで答えてくれた。
スープも別厨房で作っているようだし、
実直真面目な1杯に、
なぜ直方なんだ?
と疑問を抱いた著者であった。

直方市古町13-23 水曜定休
ラーメン 600円
濃厚 ★★★★☆
繊細 ★★★★☆

2007年度
ラーメン 通算 73杯
 うどん 通算 6杯

by taronobu-hime | 2007-04-10 03:38 | 直方市 | Trackback
トラックバックURL : http://banican.exblog.jp/tb/10985634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< たか升@直方 藤王@小倉 >>