ばにきゃん

ふくもり@駒澤大学

b0179004_23485811.jpg


「ひるがお」でサパーリと
魚系塩を食べましたが、
続いてはガツーン系です。
駒沢大学駅から歩いて
「ひるがお」に向かう途中に
見つけていました。。。

「ふくもり」です。

こちらも「せたが屋」系の魚介ですが、
その魚介は”ニボニボ”。
そう、ガツン煮干です。
「ひるがお」に比べ、比較的
お客は少ないですが、
有名店であることに違いはありません。
というか、同じ系列で
こうも違うラーメンが
提供されているということに
前島さんの凄さが伺えます。

食券機前で、
「中華そば」か
「つけぶと」か
悩むことしばし・・・。
後ろのお客さんから
舌打ちが聞こえたため
慌ててポチッと押しました。

というわけで1番最初に設定
されている「中華そば」に決定です。



b0179004_23492162.jpg


ニボニボ・・・


キラキラ・・・


ニボニボ・・・


キラキラ・・・



つんざくようなニボニボ風味と共に、
表面がギラギラと光った
中華そばです。
ニボニボご当地である
青森まで行けばあるのでしょうが、
こんだけガツンとニボニボが味わえる
ラーメンは初めてです。
少々エグみもありますが、
このジャンクさが、
反面教師と言いますか、
次から次に口に運びたくなるんです。


b0179004_23493973.jpg


加水高めの極太麺も
さらにジャンクさを加速させます。
何でも北海道産の小麦を
使用しているとのことですが、
正直違いは分かりません・・・。汗

しかもかなりのボリュームで、
この日3杯目ですが、
しっかりどっしりお腹にたまります。
時折ふわっと香る”ゆず”が
天の恵みとさえ感じます。

ここでふと店名由来について思いつきました。

そうかっ!!
いぶくろが、もりもり膨れる
お店ということか!

※当然あてずっぽですが。。。


東京都世田谷区野沢4-9-18
中華そば 700円
濃厚 ★★★★★
繊細 ★★★☆☆

2008年
ラーメン 93杯
つけ麺 20杯
ちゃんぽん 0杯
うどん 3杯
その他 4杯

by taronobu-hime | 2008-08-07 00:13 | 東京都 | Trackback
トラックバックURL : http://banican.exblog.jp/tb/10939245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< きら星@武蔵境 ひるがお@駒澤大学 >>