ばにきゃん

麺屋武蔵武骨@上野

b0179004_23102925.jpg


※9月訪麺

青山を後に、続いては上野へ。
アメ横を通り抜けて
行列の出来ている「無骨」へ。
この訪麺で、武蔵コンプリートは
あと「二天」「鷹虎」「外伝」「虎洞」の
4店舗。ちょうど半分です。
がんばろっと。

なぜここ「武骨」を選んだかというと、
既食のココと関係があると聞いたからです。
しかし、事前情報では、
全く異なるラーメンなので、
あまり参考にはならないと思いましたが、
その変化を知る上でも必須です。

この「武骨」のベースのメニューは、
”白武骨””黒武骨””赤武骨”の3種。
それぞれベースが同じスープに
香味油で変化をつけるというもの。
油からのアプローチは福岡でも
よく見られるシステムですが、
これを「武蔵」がやるとどうなるのか?
このあたりが見ものです。

b0179004_23105519.jpg


本当は基本となる”白武骨”
なのでしょうが、
ここはやはり1番人気の”黒武骨”に
してみます。

青山では見られなかった、
武蔵特有の掛け声がこだまし、
ラーメンが出てきました。
これはまさに”無骨”な1杯です。
武蔵系では珍しい極太麺に
角煮のような大ぶりチャーシュー、
そして、真っ黒なスープ。
その味わいは、マー油でしょ?と
たかをくくっていましたが、
さすが武蔵!
マー油だけでなくイカ墨のまろやかさが
広がります。

b0179004_23111438.jpg


ブリンブリンの麺と、
大ぶりながらホロッと崩れる
チャーシューなど、
見た目は無骨でありながら
高バランスを維持しているあたりは
さすがの一言です。
流行の香味油を、武蔵流にアレンジする、
しっかり他店との住み分けを感じました。

しっかし武蔵の量は満足度が高いです。
連食は正直ツライところではありますが。。。


東京都台東区上野6-7-3
黒武骨ら~麺 730円
濃厚 ★★★★☆
繊細 ★★★★☆

2008年
ラーメン 213杯
つけ麺 50杯
ちゃんぽん 4杯
うどん 21杯
その他 8杯

by taronobu-hime | 2008-11-25 23:09 | 東京都
<< 麺屋武蔵青山@青山一丁目 元助@ラースタ >>